Open4

GithubActions

name: Python application

on:
  push:
    branches: [master]

Actionsを実行するトリガーを指定する。
この場合、 master に push したら、それ以下に書かれている処理が実行される。

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: Checkout
        uses: actions/checkout@v2
        with:
          fetch-depth: 0

実際の処理は、 jobs > build > steps という形で処理を書く。

1つのstepには、 run または uses が必要。
run が、いわゆる実行用のコマンド。
uses は、指定のリポジトリを取得してきて、そのリポジトリ以下にあるActionを実行する。

https://github.com/actions
uses の場合は、 <name>/<repos>/path@<ref> で指定する。
https://github.com/actions/checkout
actions/checkout@v2 は、このリポジトリのプロセスを利用している。
ログインするとコメントできます