🤔

Android開発行く道:Flutter?Compose?

2022/12/23に公開約2,100字

はじめに

Android開発、みんなさまどんなイメージでしょうか。

スマホアプリ開発のイメージは多数あるではないかと思います。
Androidはスマホだけではなく、今のスマートテレビや、車のカーナビなどもAndroidシステム搭載しています。

オープンソースのOSなので、IT業界で幅広く使われている模様です。
また、Android開発技術をリードしているのはGoogle社です。

こんなGoogle社はなんと、フロントエンド、或いはUIに関して、FlutterComposeこの二つの技術を世の中に公開しています。

ご存じの人がわかるかと思いまして、この二つの技術はクロースプラットフォームを最終のゴールとして設定していますね。
コスト面、コード管理面などから、クロースプラットフォームはやっぱり流れになっています〜。

それでは、この二つの技術どこまで違うのかわかりたい人がたくさんいるだろう。
以下から、個人的にまとめた情報です、もし間違ったところありましたら、ご指摘よろしくお願いします。
また、こちらの記事はあなたのエンジニア人生に何か参考できれば幸いです。

比較

以下は2022年末時点の現状情報によって比較しています。

Android Compose Flutter
分類 UI UI
言語 Kotlin(Javaも?) Dart
IDE Android Studio VSCodeの方がいいかも(Android Stuido可)
コマンドサポート ✖️ ○(pub)
レンタリング Canvas Canvas
Hotload ✖️
実行速度 早い 普通
パッケージ 小さい 普通

Flutterより遅く出ているため、色々不足あるみたい、下記の面から見ると、ComposeはFlutterに負けているらしい。

Android Compose Flutter
クロースプラットフォーム完成度 -(compose-jbでできるらしい)
安定性 -(わからない)
更新頻度 そんなに高くない、普通かなぁ 高い
サポート 普通 低い
人気度 低い 高い

まとめ

宣言型プログラミングUIを構築していく技術として、ComposeFlutterは両方とも、それぞれメリットとデメリットあるでしょう、選択するとき、プロジェクトの要件に合うものは一番と思います。

Android活躍の場面多いため、Androidだけフォーカスしていきたい、最高のAndroidプラットフォームのアプリを作りたいエンジニアたちは、OSと適性高いComposeをフォローしつづ、今後のComposeの未来を楽しみしましょう。
また、SwiftUIを激似の特性、簡単にiOSエンジニアにもなれると思います。

クロースプラットフォームの波に乗りたい、開発のコスト(コード管理面)を抑えたいみんなさんはFlutterは最優先でしょう。
世の中にもうFlutterエンジニアの職名出ていまして、iOS、Androidだけではなく、将来的に、WebやLinux、Windowsのアプリ、Flutterエンジニアとして、できるようにすることになるだろう。
ビジネス面から見ると、Flutter提供している技術はサービスを受けるユーザーをたくさん獲得できるでしょう。また、Flutterのホームページから、有名企業も取り込んでいまして、キャリア面にも優しいだろうと思います。

以上、Flutterは世の中にノリノリですけど、Composeも将来性あるものでしょう、今後見守り続けたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます