Let's bsgin with pyRevit & C# ~ Setting~

2 min読了の目安(約2400字TECH技術記事

0. はじめに

pyRevitではPythonを用いたアドインの開発を行うことができますが、pyRevitは様々な言語に対応しています。ここではC#を使ってコマンド開発をするための設定をしていきましょう。

1. 用意するもの

1.1 pyRevit

2021年2月現在の最新バージョンはこちらになります。Revit2021.1.2にまで対応しています。BIM360 Collaboration Cacheを消去することも可能となりました。

1.2 Visual Studio

こちらからインストールすることができます。今回はVS 2017を使用します。VS 2019でも動作いたしますので、どちらを使用していただいても問題ありません。

1.3 Visual Studio .NET Add-in Wizards

こちらの記事を参考にインストールしていただけるといいかと思います。

2. Add-in Wizardsの設定

2.1 zipファイルの解凍

zipファイル内に含まれるすべてのファイル、フォルダを展開します。

2.2 cs/RegisterAddin.addinのアップデート

csフォルダ内に含まれるものがテンプレートとして使用されますので、お好きなエディタで内容を更新します。9&10行目、17&18行目の情報を開発者の情報にアップデートします。わからない場合には放置しておいても構いません。

2.3 install.batのアップデート

6行目の2015を今回使用する2017に書き換えます。また、今回はC#で使用するのでVBのテンプレートの設定部分15行目から20行目を削除します。

参考

@echo off
if exist cs (goto okcs) else (echo "No cs folder found." && goto exit)
:okcs

echo Using version 2020
set "D=%USERPROFILE%\Documents\Visual Studio 2019\Templates\ProjectTemplates"

set "F=%TEMP%\Revit2020AddinWizardCs0.zip"
echo Creating C# wizard archive %F%...
cd cs
zip -r "%F%" *
cd ..
echo Copying C# wizard archive to %D%\Visual C#...
copy "%F%" "%D%\Visual C#"
set "F=%TEMP%\Revit2020AddinWizardVb0.zip"
:exit

設定前
設定前

設定後
設定後

2.4 install.batの実行

install.batファイルのあるエクスプローラーでcmdと打つとコマンドプロンプトが立ち上がるので、install.batと打ちます。

実行に失敗した場合はZip for Windowsがインストールされていませんので、インストールをしてください。また、パスの設定が必要がありますので、そちらも併せて設定します。

3. Visual Studioの設定

3.1 インストール

.NET Desktop Development(.NET デスクトップ開発)および.NET Framework4.7SDKがはいっていれば大丈夫です。

3.2 テンプレートの確認

Create New ProjectからRevit 2020 Addinを選択できることを確認してください。