😊

Ionic + NestJSプロジェクトを立ち上げる時の構成テンプレートの使い方

1 min read

この記事はIonic Framework / Capacitor Advent Calendar 2020の記事です。


私はプロジェクトの採用技術を、フロントエンドはIonic/Angular、バックエンドはNestJS+MySQLで構築することが多いのですが、半年も経つとパッケージバージョンがあがり、プロジェクトデフォルトのファイル構成も変わることがあるため、シンプルなモノレポ構成テンプレートを使って構築しています。


導入手順

  1. CLIのバージョンを最新版にしておく
% npm i @ionic/cli@latest @nestjs/cli@latest -g
  1. 構成テンプレートをCloneする
% git clone git@github.com:rdlabo-team/create-ionic-nest-app.git 【プロジェクト名】
% cd 【プロジェクト名】
% git remote add origin 【レポジトリ名】
  1. Ionicアプリをつくる
% npm run create:app
  1. NestJSアプリをつくる

Lambda以外でホスティングする場合は以下のコマンドを実行します。

% npm run create:api

Lambdaでホスティングする場合はこちら。Serverless Frameworkを使った構成ではじめることができます。

% npm run create:api:sls
  1. learnと紐つける
% npm run install

リリースする時

GitHub Actionsのテンプレートはついていませんが、以下コマンドでのリリースを推奨しています。

% npm run release

https://zenn.dev/rdlabo/articles/1fda37f6e1025999e86e が参考になるかと思います。

何が用意されてるか

  • prettierでコミット前にフォーマットする設定が最初からされています

気軽にAPIサーバのあるIonicプロジェクトをはじめてもらうことができればと思います。それではまた。

Discussion

ログインするとコメントできます