Open1

ENS

ENS

リソース

やること

  • ENSとは何か

メモ

  • ENS
    • Ethereum Name Service、つまりDNSのようなシステム。
      • 10.0.0.89400:f40:2001:0:e23e:1f33:1e81:d48bのようなIPアドレスにexample.comといったドメイン名を割り当てるのと同じことをEthreumネットワーク空間でも行う
    • ENSによって0xf39fd6e51aad88f6f4ce6ab8827279cfffb92266のようなWalletアドレス・暗号通貨アドレス・コンテンツハッシュ・メタデータなんかにalice.ethみたいな可読性の高い名前を割り当てられるようになる。また、逆引きできるようにもなってる。
    • ここで購入できる
    • 価格
      • ETHで支払う
      • 5文字以上で$5/year in ETH、4文字で$160/year in IETH、 3文字だと$640/year in ETH
  • ENSをちょっと深掘り
    • ENSのregistrarとresolverはsmart contractでEthreumのmainnetとtestnetに存在する。ensの保持者は自分でサブドメインを管理設定可能。
    • ensjsを使うことでENSからアドレスを引いてきたりできる。
    • 名前解決の流れ
      • Image
      • ENS Registryに知りたいENSを投げるとResolverのアドレスを返してくれる
      • 返されたアドレスに再度ENSを投げるとそのENSのアドレスを返却してくれる
    • ルートノードはmulttisigでethereum communityの人たちで管理してる
    • registryのアドレス
  • ENSをdAppに適用する
ログインするとコメントできます