Open1

SmartContractの開発環境を作る

SmartContractの開発環境を作る

リソース

やること

メモ

  • contract,frontendが必要になるのでmonorepo形式が良さそう
  • 気軽に試せるように簡易なフロントエンドがあると作成したcontractをtry & errorができる
  • 秘匿情報とか設定が必要なファイルは.hoge.jsみたいな感じでおいておいて、適宜コピーして使えるようにする
  • とりあえずlocalhostのみへのデプロイ。ethereumのmainnetやtestnetの設定は場合によるのでhardhat.config.jsにあとで追加すれば良い。
  • rootディレクトリでyarn devすれば全て立ち上がるようにする
    • 内部的には
      • hardhatでnodeを立てる
      • hardhatでcontractのデプロイ
      • デプロイしたcontractのABIをフロントエンド側に出力(フロントエンド側からcontractをシームレスに使えるようにするためにこれが大事。)
      • フロントエンドのreact serverの起動&watch
    • ローカルアカウントにfaucetを追加するには?
      • コントラクトから自分のローカルwalletのアドレスにtransferするだけ
      • yarn faucetというコマンド追加した
  • 成果物
ログインするとコメントできます