📔

VSCode x Poetry x Jupyter 備忘録

2022/06/25に公開

結論

.venv を vscode の root に置く必要がある

環境構築備忘録

  1. VSCode に Jupyter Extention と Python Extention を入れる
  2. VSCode で project-root にしたいディレクトリを開く
  3. Terminal 展開
  4. root で poetry init
  5. .venv を project-root に作成するための設定変更
    poetry config virtualenvs.in-project true
  6. poetry install
  7. project-root に .venv が生成される
  8. poetry add ipykernel -D
  9. 使用する library の追加 poetry add ${library}
  10. 動作させる notebook(*.ipynb) を開く
  11. コマンドパレットを開くcommand + shilft + p
  12. Jupyter: Select Interpreter to Start Jupyter Server を選択
  13. ('.venv': poetry) を選択
  14. notebook(*.ipynb) を動かす

備考

.venv が root 直下以外にある時 Jupyter: Select Interpreter to Start Jupyter Server で ('.venv': poetry) が出てこなかった。
→ .venv を vscode の root におく必要がある。
今後修正されそうな雰囲気を感じた

Discussion

ログインするとコメントできます