🙌

二段階認証したGitHubで SourceTreeを使う為の手順

2 min read

①アクセストークンの発行

  • このリンク(Personal access tokens)をクリックし、アクセストークンの発行画面に移動。

  • Generate new token(新しいトークンを作成)をクリック。
    altテキスト

  • 「Note」に好きな名前を入力し、「Select scopes」はrepouserをチェック。
    altテキスト

  • 最後に、画面下部のGenerate tokenをクリックしてトークンを作成。
    altテキスト

  • トークンが生成されるので、作業が終わるまでどこかにコピペか何かで保存しておく。
    altテキスト

②発行したトークンでGitHubアカウントをSourceTreeとリンクさせる

  • SourceTreeの画面から歯車のアイコンをクリックし、「アカウント...」を選択してアカウント設定画面を開く。
    altテキスト

  • 左下の「追加...」をクリックし、以下のように入力し、「OK」を選択。

    • ホストはGitHubを選択
    • Auth TypeはBasicを選択
    • ユーザー名はGitHub IDを入力
    • パスワードに先ほど発行したトークンを入力
    • プロトコルはHTTPSを選択
      altテキスト

③GitLabで作業途中のプロジェクトを、GitHubにPush出来る様にする

※ここに関しては、GitLabで作業途中のプロジェクトを、GitHubにPushしなければならない方のみご参照下さい。
それ以外の方は、適宜GitHubから新規でプロジェクトをクローンして頂けますと幸いです。

  • 対象のプロジェクトをダブルクリックで選択
    altテキスト

  • 「リポジトリ設定」を選択
    altテキスト

  • 「リモート」→「対象のURL」→「編集」の順番に選択
    altテキスト

  • GitLabのURLをGitHubへ移行後のURLに変更し、「保存」を選択
    ※URL取得方法はこちら
     ユーザ名がGitHubのものになっていない方は、ここから変更可能。
    altテキスト

※備考

  • プロジェクトのクローン時に以下の画面が出てきた場合は、「パスワード」に端末のパスワードを入力し「常に許可」を選択
    altテキスト

Discussion

ログインするとコメントできます