Closed2

aspida.config.jsをTypeSafeにする

ピン留めされたアイテム

▽ aspida.config.js

// @ts-check

/** @type {Partial<import('aspida/dist/getConfigs').AspidaConfig>} */
const aspidaConfig = {
  input: 'src/api',
  outputMode: 'aliasOnly'
}

module.exports = aspidaConfig

//@ts-checkをつけることで、@typeに準じた型定義が行われるようになる。

https://www.typescriptlang.org/ja/docs/handbook/intro-to-js-ts.html

AspidaConfigについてはここに記述されている。

https://github.com/aspida/aspida/blob/87f610b2aa8c62d419653eea88fc6c9ba50e9f73/packages/aspida/src/getConfigs.ts#L4-L10

ただ、そのまま定義してしまうと全てのオプションが必須項目になってしまうので、Partialをつける必要がある。

https://www.typescriptlang.org/docs/handbook/utility-types.html#partialtype
このスクラップは2021/09/07にクローズされました
ログインするとコメントできます