😼

[Flutter] ByteData classをFile classに変換する方法

1 min read

はじめに

  • File(String path)
  • File.fromRawPath(Uint8List rawPath)
  • File.fromUri(Uri uri)

コンストラクタは執筆時点で上記3種類です。
つまりByteData classFile classに直接変換する手段は存在しません。
そのため、writeAsBytes methodを活用します。

プログラム

ストレージ領域にアクセスするために、path_providerライブラリをプロジェクトに導入します。

https://pub.dev/packages/path_provider
path_providerを追加
$ flutter pub add path_provider
ByteData -> File
import 'dart:async';
import 'dart:typed_data';
import 'package:path_provider/path_provider.dart';


Future<String> get getLocalPath async {
   final directory = await getApplicationDocumentsDirectory();
   return directory.path;
}
  
Future<File> convertByteDataToFile(ByteData data) async {
   final path = await getLocalPath;
   final imagePath = '$path/image.png';
   File imageFile = File(imagePath);

   final buffer = data.buffer;
   final localFile = await imageFile.writeAsBytes(buffer.asUint8List(data.offsetInBytes, data.lengthInBytes));
   return localFile;
}

活用場面

私の場合Base64をデコードしFileに変換した時、データが破損しました。

データが破損
print(File.fromRawPath(base64.decode(String base64)));

// 実行結果
flutter: File: '����

そのため複雑なデータ変換実施時、破損を回避するのに便利だと思います。

参考文献

https://karmactonics.hatenablog.com/entry/2018/09/02/223139
https://stackoverflow.com/questions/50119676/how-to-write-a-bytedata-instance-to-a-file-in-dart

Discussion

ログインするとコメントできます