💡

作りたいアプリのリスト with グラフ理論

2022/07/31に公開約1,800字

グラフ理論(graph-theory)を活用するとうまく作れる. かつ個人的に作りたいアプリをまとめてみた.

アプリ1: エンジニア向けのwishlist

  • 目的: みんなで仲良く仕様書を作っていくためのプラットフォーム.
  • 似ているツール: Miro, Wimgical, Mindmeister
why? diff? def?
  • なぜグラフ理論なのか?: 粒度の異なる意見をまとめるのにGraphは適切
  • 既存ツールとの差異: 議論のtext化やgithub連携を活かしたコミュニケーションが差別化のポイント
  • Graph定義: 種類 DAG
    • node: 意見
    • edge: 意見と意見の関連

usecase: 個人で使う(SNSとして使う)

ユーザA: 作りたいものがあるけど、目的しか書けない...
ユーザB: ん〜 Aさんの作りたいものは, このアプリかな? linkを教えてあげよ
ユーザA: Bさんからlinkがきてる! イメージと違う部分は追記しておこう。Bさんありがとう!

usecase: チームで使う(memoとして使う)

開発者A: 要件についての合意しているのはどこまででしたっけ?
開発者B: nodeの色が黄色いやつまでですね。
開発者達: ...(続く)

アプリ2: スケジューラ

  • 目的: クリティカルパスを描画するためのwebアプリ
  • 似ているツール: Lucidchart
why? diff? def?
  • なぜグラフ理論なのか?: クリティカルパスが重み付のDAGそのもの
  • 既存ツールとの差異: Excelへ読み込める形式(.csv)で出力できることがポイント
  • Graph定義: 種類 DAG
    • node: タスクと工数
    • edge: タスクとタスクの依存関係

usecase: 個人で使う(プライマリ管理ツールとして使う)

ユーザA: はじめてだし、どのくらいでできるかわからないな。
知人B: とりあえず、やることだけ書いておいたら?
ユーザA: たしかに! 趣味だしやることが決まってるならそれで十分かも! Bさんありがとう!

usecase: チームで使う(エクセルとクリティカルパスの連携ツールとして使う)

開発者A: その機能の実装コストってどの程度ですか? 
開発者C: 本仕様変更についての影響範囲はモジュールA~Zまでですので、完成の見込みはn月からn+x月に変化しそうです。
開発者達: ...(続く)

アプリ3: タスクスイッチリスト

  • 目的: タスクの切り替わりを管理するwebアプリ.
  • 似ているツール: 確認中...
why? diff? def?
  • なぜグラフ理論なのか?: 目的と手段は多対多になりがちで複雑になりがちなため
  • 既存ツールとの差異: UIの操作ログが生成されるため振り返りが簡単になるのがポイント
  • Graph種類: DAG
    • node: 管理するもの(目的, タスク, 開発環境, テスト, log)
    • edge: 管理するもの同士の関連

usecase: 個人で使う(ツールを統合するツールとして使う)

ユーザA 10:00: 今日はxxxって機能を実装しようかな〜 
ユーザA 12:00: お昼ご飯だ! 
ユーザA 14:00: この機能の目的ってなんだっけ?(start->管理) OK プログラミングするぞ!(管理->コーディング)
ユーザA 22:00: 実装できた! (コーディング -> テスト実行) テスト通るかな? OK!!
ユーザA 23:00: 今日の振り返りするか(テスト実行 -> 振り返り -> end) 思ったより時間がかかったけど、こんなものかな。

usecase: チームで使う(メンバレベルの生産性測定ツールとして使う)

開発者A: なんでこの遅延っておきてるんだっけ? 
開発者C: タスクの中断と再開が8回/日で発生しているので、生産性の95%が失われているようです。
開発者達: ...(続く)
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます