😽

【 WSL 】NoxPlayer(Androidエミュレーター) 利用後、WSL が起動できなくなったときの復帰方法

2022/03/07に公開約2,100字

概要

Windows 環境で、NoxPlayer(Androidエミュレーター)を利用後、WSLが起動できなくなる事象に遭遇いたしました。
WSLの復帰方法について、記載いたします。

最初、WSLごと、インストールしなおしましたが、そこまでする必要はなかったです。

環境

Windows 11 Home
WSL 2
Ubuntu 20.04
NoxPlayer 7.0.1.6

解決したいエラー

NoxPlayer を利用後に、Windows を再起動します。
すると、ターミナルに以下のようなエラーが、表示され、WSLが利用できなくなります。
ここでは、ターミナルは Windows Terminal を使用しています。

Windows Terminal
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

使用法: wsl.exe [引数]

引数:

     --install <Options>
     Windows Subsystem for Linux の機能をインストールします。オプションが指定されていない場合は、
      既定のディストリビューションと共に、推奨される機能がインストールされます。

既定のディストリビューションおよびその他の有効な配布物の一覧を表示するには、
        'wsl --list --online' を使用してください。

        オプション:
            --distribution, -d [Argument]
              ダウンロードしてインストールするディストリビューションを名前で指定します。

                引数:
                    有効なディストリビューション名 (大文字と小文字は区別されません)。

                例:
                    wsl --install -d Ubuntu
                    wsl --install --distribution Debian

    --list, -l [Options]
        ディストリビューションを一覧表示します。

 オプション:
            --online, -o
                 'wsl --install' を使用してインストールするために使用できるディストリビューションの一覧を表示します。

    --status
        Linux 用 Windows サブシステムの状態を表示します。

    --help
        使用方法に関する情報を表示します。

[プロセスはコード 1 で終了しました

解決方法

PowerShell でコマンドを実行して復帰させます。
まず、PowerShell を右クリックして、「管理者として実行する」をクリックして、管理者権限で、PowerShell を立ちげます。

そこで、「"Windows Subsystem for Linux"の有効化」、「"Virtual Machine Platform"の有効化」のコマンドを順番に実行します。

以下の記事から引用させていただきました。

Windows 10でLinuxを使う(WSL2)

https://qiita.com/whim0321/items/ed76b490daaec152dc69

"Windows Subsystem for Linux"の有効化

PowerShell
dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

"Virtual Machine Platform"の有効化

PowerShell
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all

このコマンドを実行すると、

PowerShell
「今すぐコンピューターを再起動しますか?(Y/N)

と聞かれます。Y を押下すると、Windows の再起動が始まります。

再起動が完了すると、エラーが消え、再び WSL が利用できるようになります。

以上です。

Discussion

ログインするとコメントできます