🦾

Deno でカスタム GitHub アクション書く

2022/12/01に公開約1,400字

この記事はGitHub Actions Advent Calendar 2022 2 日目の記事です。

GitHub Actions 上で動作するカスタムアクションを Deno で書く方法をいくつか紹介します。

複合アクションで denoland/setup-deno を実行する

複合アクションで denoland/setup-deno 後に deno run するだけのシンプルな手法です。
hasundue/denopendabot というカスタムアクションではこの手法が使われています。

利点:

  • 開発の手間がかからない

欠点

  • denoland/setup-deno の分だけ時間がかかる (と言っても1~3秒程度)
action.yaml
runs:
  using: composite
  steps:
    - name: Setup Deno
      uses: denoland/setup-deno@v1
      with:
        deno-version: v1.x
    - name: Deno Run
      run: deno run -q -A main.ts

dnt で変換して JavaScript アクションとして実行する

Deno で GitHub CLI 拡張機能書くでも紹介した dnt を使用した手法です。
筆者が作成した gh-describe というカスタムアクションではこの手法を採用しています。

利点:

  • denoland/setup-deno を実行しない分速い (と言っても1~3秒程度)

欠点

  • リポジトリに変換後のソースをコミットする必要がある

今回も Node.js で実行だけできれば十分なため、esm のみ出力して esbuild でバンドルしてコミットしています。
https://github.com/proudust/gh-describe/blob/d091cdd61363c2cb09ba1e53d0a1bc4c04ef5900/_build.ts#L17-L29
https://github.com/proudust/gh-describe/blob/d091cdd61363c2cb09ba1e53d0a1bc4c04ef5900/_build.ts#L52-L58

参考

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます