📱

VSCodeの基本操作

1 min read

Visual Studio Codeについて

Visual Studio Code(以下、VSCode)は、Microsoft開発の優れたソースコードエディタです。
無料でオープンソース、マルチプラットフォーム(Windows, macOS, 各種Linux)で動作します。

  • マルチカラム画面で、エディタ・シェル操作・ファイルエクスプローラが統合されている
  • JavaScript と Node.js の効率的な操作性
  • Gitリポジトリの操作に対応
  • シンタックスハイライト
  • 拡張機能を追加することで、言語サポートや環境を柔軟にカスタマイズ可能

1. 左メニューについて理解する

VSCodeを起動すると、左端にメニューが表示されます。
アイコンのみの表示となっているので、内容を紹介します。

image

  1. エクスプローラ:現在のフォルダの中身を表示します。
  2. ファイル検索(基本的に使用しません)
  3. Git管理:フォルダがGitリポジトリの場合、差分確認やブランチ切替などができます。
  4. Run & Debug(基本的に使用しません)
  5. 拡張機能検索:拡張機能を検索して追加することができます。

image

この時点で、このようにエクスプローラが表示されていない場合はクリックして表示させましょう。

2. フォルダをVSCodeで開く

image

メニュー → Open Folder(開く…)をクリックして、先ほどのフォルダを選択します。

image

これで、先ほど作成したフォルダの中で作業を行うことができます。

image

3. ファイルを作成する

image

New Fileをクリックします。

image

ファイル名を入力できるようになります。

image

好きなファイル名を入力します。
ファイル名は基本的に英数字 + 拡張子にしましょう。

image

エディタに作成したファイルが表示されて、編集できるようになります。

4. ターミナルを開く

image

メニュー → New Terminal(ターミナル)をクリックします。

image

下部にターミナル(Windowsの場合PowerShell)が開きます。

Discussion

ログインするとコメントできます