🏃

Flutterでインターネットの通信速度を測定する

2022/12/20に公開約4,800字

こんにちは、こんぶです。いつも見ていただいてありがとうございます。

今回はインターネット通信速度の測定を Flutter でやってみようという記事になります。

全国の WiFi 速度を計測して共有するアプリを作りたいと思っていので、その調査のために行いました。

パッケージの選定

pub.devspeed test と検索してみると speed_test_dart というパッケージが見つかりましたのでこちらを使用します。

インストール

flutter にパッケージを追加するときはターミナルで flutter pub add コマンドを実行します。

パッケージのインストール
flutter pub add speed_test_dart

使い方

サンプルコードの紹介

最初にまるっと全体像をお見せしましょう。

通信速度測定のサンプルコード
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:speed_test_dart/classes/server.dart';
import 'package:speed_test_dart/speed_test_dart.dart';

void main() {
  runApp(const MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  const MyApp({super.key});

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return const MaterialApp(home: HomePage());
  }
}

class HomePage extends StatefulWidget {
  const HomePage({super.key});

  
  State<HomePage> createState() => _HomePageState();
}

class _HomePageState extends State<HomePage> {
  final speedTeatDart = SpeedTestDart();
  List<Server> bestServersList = [];
  double? speedMBs;
  bool isLoading = false;

  /// 測定にベストなサーバーを設定する
  Future<void> setBestServers() async {
    setState(() {
      isLoading = true;
    });

    final settings = await speedTeatDart.getSettings();

    // Russiaのサーバーからははじかれるためリストから取り除く
    final servers = settings.servers
        .where((element) => element.country != 'Russia')
        .toList();
    bestServersList = await speedTeatDart.getBestServers(servers: servers);
    setState(() {
      isLoading = false;
    });
  }

  /// ダウンロードスピードを測定する
  Future<void> testDownloadSpeed() async {
    setState(() {
      isLoading = true;
    });
    if (bestServersList.isEmpty) {
      throw Exception('あらかじめ bestServersList を取得する必要があります');
    }

    /// MB/s で結果が得られる
    speedMBs = await speedTeatDart.testDownloadSpeed(servers: bestServersList);

    setState(() {
      isLoading = false;
    });
  }

  
  void initState() {
    super.initState();
    setBestServers();
  }

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      body: Center(
        child: Builder(
          builder: (context) {
            final speedMBs = this.speedMBs;

            if (isLoading) {
              return const CircularProgressIndicator();
            }

            if (speedMBs != null) {
              /// Mbps の単位に変換する
              return Column(
                mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
                children: [
                  Text.rich(
                    TextSpan(
                      children: [
                        TextSpan(
                          text: '${(speedMBs * 8).floor()}',
                          style: const TextStyle(
                            fontSize: 56,
                            fontWeight: FontWeight.bold,
                          ),
                        ),
                        const TextSpan(
                          text: 'Mbps',
                        ),
                      ],
                    ),
                  ),
                  ElevatedButton(
                    onPressed: () {
                      testDownloadSpeed();
                    },
                    child: const Text('再測定'),
                  ),
                ],
              );
            }

            return ElevatedButton(
              onPressed: () async {
                testDownloadSpeed();
              },
              child: const Text('測定'),
            );
          },
        ),
      ),
    );
  }
}

解説

次の手順で使用できます。

  1. 設定情報を取得
  2. 測定のためにベストなサーバーを特定
  3. 通信速度の測定

ではひとつずつ見ていきましょう。

設定情報を取得

まずは設定情報を取得してきます。

設定情報を取得する
/// インスタンス生成
final speedTeatDart = SpeedTestDart();

/// 設定情報を取得する
final settings = speedTeatDart.getSettings();

この getSettings の中身をみると https://www.speedtest.net からなんらかの設定データを引っ張ってくる実装になっていました。

測定のためにベストなサーバーを特定

設定情報を取得すると測定に使用するサーバーがいくつか得られるのですが、そこから今回測定に使用するベストなサーバーを決定します。

測定にベストなサーバーを決定する
final  bestServersList = await speedTeatDart.getBestServers(servers: settings.servers);

getBestServers が何をしているかというとレイテンシが 500ms より小さいものを選別し、短い順にソートをかけています。

通信速度の測定

ここでようやく通信速度を測定します。測定のために使用するサーバーを引数で渡すインターフェースになっていました。

通信速度の測定
final speedMBs = await speedTeatDart.testDownloadSpeed(servers: bestServersList);

testDownloadSpeed の中身を見に行くと与えたサーバーリストの頭から順番に実行して、失敗したら次のサーバーを実行してというふうに、成功するまで順番に実行するようです。

単位は MB/s として最終的な結果が得られます。
わたしたちが普段よく目にする Mbps とは次のような関係性になっています。

1 Mbps = 0.125 MB/s

つまり、得られた結果を 8 倍してあげると Mbps としての速度になります。

以上!

余談 internet_speed_test もある

ほかにも internet_speed_test というパッケージも人気がありましたが、こちらはサンプルコードがうまく動かなかったため、今回は採用しませんでした。

このパッケージは測定中の速度情報も見られるみたいなので、その点ではspeed_test_dartより優れています。エラーがなくなるように修正して使うのもありですね。

Discussion

ログインするとコメントできます