📚

DockerでServerlessを実行できる環境の作成

2022/04/19に公開

ローカル環境にServerlessをインストールし開発を行っていましたが、Apple SiliconのPCでは使用したいプラグイン(serverless-dynamodb-local)が対応していなかったため、Dockerを用いてServerlessの環境を作成しました。

前提として、AWSのアカウントが作成済みで、AWSへデプロイすることを想定しています。

Dockerfile

FROM node:16.14.2-alpine3.14

RUN apk update && apk add less vim curl unzip sudo

RUN curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
RUN unzip awscliv2.zip
RUN sudo ./aws/install

WORKDIR /workdir

Dockerfile内、以下の箇所でAWS CLIをインストールしています。AWSのサイトを参考にしています。

RUN curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
RUN unzip awscliv2.zip
RUN sudo ./aws/install

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/getting-started-install.html

イメージ作成

docker build --platform linux/amd64 -t aws .

プラットフォームがarmではないイメージを作成するため、--platform linux/amd64を指定しています。

コンテナ起動

docker run -it -v ~/.aws:/root/.aws -v "$PWD":/workdir --publish 3000:3000 --name aws --platform linux/amd64 aws bash

自分がコンテナを起動するときには、すでにローカル環境にAWS CLIの設定を行っていたため、-v ~/.aws:/root/.awsを記載し設定を同期しています。
こちらは以下のページを参考にしています。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-cliv2-docker.html

Serverlessのインストール

コンテナ内で以下を実行します。

npm install -g serverless

Serverlessのインストールが完了したら、以下コマンドでプロジェクトを立ち上げることができます。

# sls でも可
serverless

AWS CLI設定

AWS CLIのセットアップをする場合には以下コマンドを実行します。

aws configure

設定の方法は以下のページに記載されています。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/cli-configure-quickstart.html

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます