👓

Editor Utility Widget プリセットを保存する

2022/04/17に公開約2,600字

Editor Utility Widgetの入力値をSaveとLoadする

Editor Utility Widgetの入力値をSaveとLoadするEditorWidgetを作成します。

Editor Utility Widgetを作成する

Editor Utility Widgetを作成します。
名前を「EUW_Preset」に設定します。

Wighetを図のように配置します。

Structure(構造体)を作成する

構造体を作成します。
名前を「FEUWData」に設定します。

構造体に変数を追加します。

Name Type
Name String
ValueString String
ValueNumber Integer

SaveGameの派生クラスを作成する

SaveGameの派生クラスを作成します。

親クラスに「SaveGame」を選択します。

名前を「BP_SaveGamePreset」に設定します。

変数に「FEUWData」の型の変数を追加します。

Editor Utility Widgetの入力値を保存する

「EUW_Preset」に入力値を保存する処理を実装します。

SaveボタンにOn Clickedイベントを追加します。

BP_SaveGamePresetの変数を作成します。

Widgetの入力値をBP_SaveGamePresetの変数SaveGameにセットします。

「Save Game to Slot」ノードで設定した値を保存します。

保存した情報を読み込む

LoadボタンにOn Clickedイベントを追加します。

保存したデータを読み込む処理を実装します。
保存するときと読み込むときはSlot Nameが一致するように設定します。

読み込んだ情報をWidgetに設定します。

CompileとSaveボタンをクリックします。

保存と読込を確認する

保存と読込の処理をEditorUtilityWidgetを実行して確認します。

TextBoxに値を入力してSaveボタンをクリックします。

入力値を消してからLoadボタンをクリックします。

保存した情報が読み込まれます。

保存した情報は「(プロジェクトフォルダ)/Saved/SaveGames」フォルダに(SlotName).savファイルとして保存されます。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます