🙆

【Template Repository】Githubで公開されているtemplateを自分のレポジトリとして使う

2022/01/07に公開約1,300字

はじめに/概要

Githubで公開されているtemplate repositoryを自分のレポジトリとして使う方法を紹介します。

対象

Githubのtemplate repositoryを使ってみたい方

目標

Githubのtemplate repositoryを利用して、自分のリポジトリとして使えるようになること。
cloneした後、コードの編集からpushまでできるようになること。

事前準備

特になし

Githubのtemplate repositoryを利用する

今回はNuxt communityのリポジトリの中に入っているexpress-templateを例にします。

https://github.com/nuxt-community/express-template

では、上のリンクから「Use this template」ボタンを押下して、ご自身のリポジトリを作成します(下図)

リポジトリが作成されると以下のようになるので、緑色の"Code"ボタンからSSHのパスを取得します。

続いては、VScodeを開き、Source Controlのアイコンを押して、先ほどコピーしたSSHのパスをペーストします。

そして、お好きなローカルのディレクトを選択して、完了です。これで、nuxtとexpressのテンプレートが使えるようになりました。以上で終了です。

コードを編集して、pushまでは従来と同じです。
適当に、/pages/index.vueファイルを編集します。

次に、terminalを開いていただき(vscodeのterminalでも大丈夫です。)以下のコマンドを実施してpushします。

terminal
git add .
git commit -m "first commit"
git push origin HEAD

通常通りのやり方ですね。
では、最後に、githubのリポジトリを見てみると、無事に変更が反映されていることがわかります。

以上で終了です。お疲れ様でした!
参考になった方は、ぜひ、いいねをいただけると嬉しいです!

Discussion

ログインするとコメントできます