Open4

Ruby on Railsのベンチマーク、プロファイリング

Rails.cacheについて。

rails runnerなどでテストするなら、Rails.cache.with_local_cacheでコードを囲んだほうが良い。

開発環境でテストするなら、expires_inを確認したほうが良い。

ActiveRecordのキャッシュ

rails runnerなどでテストするなら、ApplicationRecord.cacheでコードを囲んだほうが良い。ApplicationRecord相当のものが複数あればいい感じにするべきだと思う。

ログレベル

ログレベルは意外とパフォーマンスに影響する。開発環境でテストするなら、本番環境と同じログレベルに合わせたほうが良い。

作成者以外のコメントは許可されていません