💬

複雑な製品を扱う - Facebookのプロダクトリーダーが語る

2021/09/02に公開約5,300字

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://productschool.com/blog/product-management-2/ama-working-with-complex-products/

今週のプロダクトスクールでは、Facebook社のプロダクトリーダーであるReshma Nichani氏をお迎えし、特別セッション「#AskMeAnything」を開催しました。Reshmaは、技術系の大企業でのPM、問題を理解してから解決策を考えること、複雑なプロダクトを扱うことなどについて質問に答えました。

Reshmaの紹介

Reshmaは、現在Facebookで働くプロダクトリーダーです。広告、企業、消費者プロダクト、小売業界で15年以上の経験を積んでいます。Googleでは、Go-To-Market Strategy and Operationsの責任者として、GTMピボット戦略を推進し、12年の歴史を持つGoogle Maps Enterprise事業を20倍に成長させた経験があります。

また、Googleのファーストパーティアクセサリー事業を立ち上げ、数百万ドル規模のビジネスに成長させました。それ以前は、Microsoft社のモバイル部門のシニアプロダクトマネージャーを務めていました。スマートフォンのOEMおよびOS分野での同社の地位に貢献した。また、Microsoft Retail Storesの創設メンバーとして、モバイル、アクセサリー、音楽のカテゴリーを立ち上げ、成長させました。

プロダクトを発売する前に、顧客セグメンテーションのための初期発見を行うための最良の方法は何でしょうか?

理想的には、プロダクトのコンセプトを考える前に、セグメントとその問題点を十分に理解することです。この作業をしないでいると、ソリューションが問題を探すことになってしまいます。 これは実際によくあることです。しかし、これでは決して良い結果は得られません。問題を好きになり、その問題を抱えている人々に共感することが、良いプロダクトを生み出すための第一歩だと思います。

あなたはハイテク業界のいくつかの大企業で働いてきました。これらの異なる会社や役割は、長年にわたってあなたのプロダクト哲学をどのように形成してきたのでしょうか?

私がどこにいたとしても共通しているのは、チームやプロジェクトに参加する際には、初心者の気持ちで何も決めつけないことです。 第一原理を重視し、一緒に仕事をする人と信頼関係を築き、オープンに質問することです(「謙虚な探究」という本には、そのための素晴らしい方法が書かれています)。これは何をするにしても役に立つことです。

そして最後になりますが、インパクトに焦点を当てれば(そこに到達するための活動ではなく)、例えば、たくさんのプロセスを作成したとしても、それが正しい結果に結びつかなければ、あまり興奮しないで済みます。そして、同僚の才能を活用してインパクトを得ることができれば、さらに良いでしょう。もちろん、同僚が輝き、最高の仕事ができるような形でです。

ソフトウェアのバックグラウンドからプロダクトに移行しようとしている人に、どのようなアドバイスをしますか?MBAを取得したり、社内で切り替えたりしないと得策ではないのでしょうか?

実際には、ソフトウェアのバックグラウンドがある方が、PMへの道は開けやすいと言えるでしょう。しかし、より重要なのは、あなたがPMの領域でどのような仕事をしたいのかということだと思いますが、それは非常に様々です。あるPMは完全にエンジニアとして仕事をし、あまりクロスファンクショナルではありません。また他のPMは非常にビジネス志向です(私の経験では)。

肩書きはさておき、私なら自分が何をしたいのかを考えるのに時間をかけ、それをPMの「典型」に当てはめると思います(上でいくつか例を挙げましたが)。あなたの経歴を見れば、PMの役割を確保するのに十分なチャンスがあるはずですし、MBAは全く必要ないと思います(はっきり言って、私は持っていません!)。あまり大きなリスクを負うことなく、自分の好みを見極めることができるので、社内での転職を検討するのは一般的に良いことだと思います。

こちらもお読みください:どんな経歴でもプロダクトマネジメントに移行する方法

Facebookのような複雑なエンタープライズプロダクトを扱うのは、どのような感じですか?

複雑なプロダクトを扱う際には、あらゆるニュアンスを理解することが役立つと感じています。例えば、私が担当している分野は、世界中の携帯電話会社、Facebook、そしてエンドユーザーからなるエコシステムです。ある関係者の問題を解決するためには、別の関係者が犠牲になることがよくあります。しかし、すべての利害関係者の間でWin-Win-Winを見つけることができれば、魔法がかかります。私たちは、ユーザーに焦点を当て ユーザーに共感し、ユーザーにとって正しいことを行い、そしてFacebookとパートナーの両方の決定をサポートする正しいビジネスケースを持っているときに、それを見つける傾向があります。

もうひとつの要素は、社内では多くのステークホルダーと仕事をしていますが、同じルールが適用されるということです。ですから、エンゲージメント、デザイン、パートナーシップの観点を理解し、プロダクト戦略や決定のための説得力のあるストーリーを作り、「すべてのこと」を認めることができたことは、非常に役に立ちました。

私たちが実践すべきことのトップ3は何ですか?

  1. 自分の置かれている状況を、非常にオープンマインドで理解すること。 経験があればそれに頼るべきですが、それに縛られてはいけません。同僚やお客様の視点に耳を傾け、第一原理に立ち返って評価してください。
  2. そして、自分のPOVが何であるか、なぜそうなのかを極めて明確にし、それを裏付ける説得力のあるデータ(データには定性的なものと定量的なものがあります)を用意して、チームに伝授し、フィードバックを得て、調整し、リスクとトレードオフを十分に理解した上で決断を下します。
  3. そして最後に、なぜ自分がその職務に就きたいのかを自問し、それが正しい理由であることを確認してください(つまり、日々の仕事を楽しんでください)なぜなら、最終的にはこれがあなたの最高の仕事を可能にするからです

もし、あなたが大学を卒業したばかりの新入社員に戻ったとしたら、PMの仕事に就くためにどのような準備をしますか?

もし私が新入社員だったら、幅広くPMの仕事を経験してから、どのタイプのPMの仕事に深く入りたいかを決めると思います。このようなアプローチについては、『Range』という良い本があります。

マイクロソフトのモバイル戦略の経験から、最も印象に残っていることは何ですか(特に、マイクロソフトはこの分野ではうまくいっていなかったので)?

そうですね、私がいた頃は、競争が激化しているという事実に対してあまりオープンではありませんでした。私が学んだことは、「証拠がないことは、ないことの証拠ではない」ということです(これは、私が大好きなニコラス・タレブの言葉です)。つまり、何かが起こっていないからといって、起こらないとは限らないということです。ですから、市場がどのように進化し、行動がどのように変化するかについて、常にオープンであることを心掛けています。

以下の記事もご参照ください:新興市場:プロダクトマネージャーのためのガイド

シニアPMは、戦略、戦術的なコミュニケーション、部門横断的なプロダクト交渉、問題領域の技術的な知識など、どのように時間を配分すべきでしょうか。

これは、シニアPMであっても、役割やチームでの経験を重ねるごとに変化していくと思います。私の場合は、どのようなレベルであっても、まず実行することに重点を置いています ー 何が起こっているかを理解し、とにかく参加して貢献し、チームを知り、信頼を築くことです。

そうすることで文脈を理解し、自分なりの見解を持ち、戦略に影響を与えることができるようになります。クロスファンクショナルな仕事やコミュニケーションについては、常に重要な役割だと思っています。しかし、PMとしてのあなたは指揮者のようなもので、オーケストラ(同僚)が可能な限り美しい音楽を奏でられるようにサポートしたいと思っています(この例えは、プロダクト担当副社長のNaomi Gleit氏に感謝します)。ですから、同僚の才能や知識を認め、活用し、評価することは、あなたがそこに到達するための助けとなりますし、あなたが前進するときにも助け続けることができます。

解決すべき問題を見つけ、理解を深め、優先順位をつけるためにどのようなテクニックを使っていますか?

最大のポイントは、その分野に深く入り込み、人と話し、本を読み、自分自身でその問題を深く理解することです。時間をかけてお客さまの声を聞き、市場に出回っているものを見て、検討しているアイデアが既存の代替品よりも優れている理由を自問してみてください。そして重要なのは、なぜあなたには成功する権利があるのかということです。企業のDNAにはそれがある場合とない場合があります。これも参考になる要素ですね。


Twitter始めました🐣

https://twitter.com/PmTranslate

LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬

Discussion

ログインするとコメントできます