💹

2021年度版 東京のプロダクトマーケティングマネージャー(PMM) 平均給与額

3 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

http://www.salaryexplorer.com/salary-survey.php?loc=1212&loctype=3&job=535&jobtype=3

東京のプロダクトマーケティングマネージャー(PMM)はどのくらい稼いでいるか?

東京でプロダクトマーケティングマネージャーとして働く人の月収は、通常775,000円程度です。給料の幅は380,000円(最低)から1,210,000円(最高)です。

これは、住居費、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。プロダクトマーケティングマネージャーの給与は、経験、スキル、性別、勤務地などによって大きく異なります。以下に、さまざまな条件に基づく詳細な内訳を示します。

東京のPMM給与分布

中央値、最大値、最小値、範囲

  • 給与レンジ
    東京都のプロダクトマーケティングマネージャーの給与は、月給380,000円~1,210,000円(月給の最低額)です。

  • 給与の中央値
    中央値は月給791,000円です。つまり、プロダクトマーケティングマネージャーとして働く人の半数(50%)は791,000円未満、残りの半数は791,000円以上の収入を得ていることになります。中央値は中間の給与額を表しています。一般的には、中央値以上の給与を得ているグループのグラフの右側に位置することが望ましいと考えられます。

  • パーセント表示
    中央値と密接な関係にあるのが、25%と75%の2つの値です。給与分布図を見ると、プロダクトマーケティングマネージャーの25%は527,000円未満、75%は527,000円以上の収入を得ています。また、この図から、プロダクトマーケティングマネージャーの75%は102万円未満、25%は102万円以上の収入を得ています。

中央値と平均値の違いは何ですか?

どちらも指標です。あなたの給料が平均値と中央値の両方よりも高ければ、あなたは非常にうまくいっていると言えます。もしあなたの給料が両方よりも低い場合は、多くの人があなたよりも多くの給料を得ており、改善の余地があると考えられます。あなたの給料が平均値と中央値の間にある場合、物事は少し複雑になります。このガイドでは、それぞれのシナリオについて説明しています。給料を比較する方法

プロダクトマーケティングマネージャーの経験年数別給与比較

経験や年齢は給与にどのように影響しますか?

経験値は給与を決定する上で最も重要な要素です。当然、経験年数が多ければ多いほど給料は高くなります。私たちは、プロダクトマーケティングマネージャーの給与を経験レベル別に分類し、次のような結果を得ました。

経験年数が2年未満のプロダクト・マーケティング・マネージャーの月給は約45万円です。

一方、2年以上5年未満の経験者は、2年未満の経験者よりも29%高い、579,000円の月給が見込まれます。

さらに、5年以上10年未満の経験者は、2年以上5年未満の経験者に比べて38%増の799,000円/月となります。

平均すると、経験年数が10年[1]を超える頃には、初任給の2倍になると言われています。

また、経験年数が10年以上15年未満のプロダクトマーケティングマネージャーは、月給990,000円で、経験年数が5年以上10年未満の人よりも24%高くなっています。

経験年数が15年以上20年未満の場合は、106万円/月となり、10年以上15年未満の経験者よりも7%高くなります。

最後に、20年以上のプロとしての経験を持つ従業員は、月給1,130,000円となり、15年から20年の経験を持つ人よりも7%高くなります。

東京のプロダクトマーケティングマネージャー 平均給与額の推移(経験別)

増減率は前回の値に対する相対値

キャリアの典型的な給与の推移

プロダクトマーケティングマネージャーの学歴別給与比較

教育レベルは給与にどのような影響を与えるのでしょうか?

以下は、同じ経験を持ちながら学歴が異なるプロダクトマーケティングマネージャーの平均給与の差を示しています。

学歴が高いほど給料が高いのは周知の事実ですが、学位を取得するとどのくらい収入が増えるのでしょうか。そこで、プロダクトマーケティングマネージャーの給与を学歴別に比較してみました。

教育レベルが高校の場合、プロダクトマーケティングマネージャーの平均給与は月額56万2,000円です。

一方、CertificateまたはDiploma(短大や専門学校相当)を取得した人の給与は645,000円/月で、高校卒の人よりも15%高くなっています。

学士号取得者の平均給与は869,000円/月で、CertificateまたはDiplomaを取得した人よりも35%高くなります。

修士号取得者の平均給与は月109万円で、学士号取得者よりも26%高くなります。

東京のプロダクトマーケティングマネージャー 平均給与額の差 (単位:百万円)

増減率は前回の値に対する相対値

修士号やMBAを取得する価値はあるのか?高等教育を受けるべきでしょうか?
日本の修士課程や大学院の費用は、257万円から772万円で、期間は約2年です。これはかなりの投資です。

また、すでに仕事を持っている場合には、留学期間中に給料が上がることはあまり期待できません。ほとんどの場合、教育が終了し、学位を取得した後に給与の見直しが行われます。

多くの人は、より高い給料の仕事に転職するための戦術として高等教育を受けます。数字はその考えを裏付けているようです。転職時の報酬アップは、慣習的な給与アップよりも平均で約10%多い。

高等教育の費用を捻出できるのであれば、その投資効果は間違いなく価値があります。大体1年くらいで費用を回収できるはずです。

キャリアの学歴による典型的な給与差


LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬

脚注
  1. ※ 給与の経年変化の平均値に基づいています。給与の変動は個人差があります。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます