🚚

プロダクト戦略 - マーケティングの4Pとは?

2 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://productfolio.com/marketing-mix/

4つのPで構成されるマーケティングミックスの成功とは、「適切なプロダクトを、適切な場所に、適切な価格で、適切なプロモーションを行うこと」と要約できます。これは成功するマーケティング戦略の非常にシンプルな説明ですが、一見したところよりも少し複雑です。4つの要素のバランスが取れていなければ、プロダクトは成功しません。ここでは、それぞれのPを詳しく見ていき、それぞれがプロダクトマネージャーの役割とどのように関連しているのかを見ていきましょう。

Product(プロダクト)

これは、4つのPの中で最も重要なものです。なぜなら、プロダクトがなければ、価格設定、配置、宣伝をするものがないからです。プロダクトは、有形のプロダクト、オンラインプロダクト、サービスのいずれかです。プロダクトを成功させるためには、プロダクトマネージャーが、そのプロダクトを完全に理解し、そのプロダクトがどのような問題を解決しているのか、そしてエンドユーザーや顧客は誰なのかを理解することが不可欠です。また、プロダクトマネージャーは、そのプロダクトを徹底的に研究し、市場に出回っている他のプロダクトと比べて何がユニークなのかを理解する必要があります。

Place(流通)

プロダクトの流通は常に重要ですが、プロダクトの流通は、物理的な場所での流通から、オンラインでの流通へと変化しています。これは、何千人もの人々がプロダクトを直接目にするのと、世界中の何百万人もの人々がオンラインでプロダクトを目にするのとの違いです。商品の流通が、商品の成功と失敗を分けるのです。そのため、最大の露出に達するまで、様々なイテレーションでプレースメントテストを行うことが重要です。

Price(価格)

価格とは、エンドユーザーがプロダクトやサービスに支払う金額のことです。商品の価格が高すぎても低すぎても、売れません。また、価格設定はプロダクトの知覚的価値に影響を与えます。自社プロダクトの価格が競合他社よりも低ければ、コストリーダーシップ戦略を実施していることになります。価格が高い場合は、差別化戦略(一般的な競争戦略を参照)をとっていることになり、中間の価格設定では、平均的な価格帯のプロダクトが多い中で迷子になってしまう可能性があります。戦略ありきの低価格か、戦略ありきの高価格のどちらかにするのがよいでしょう。

Promotion(プロモーション)

プロモーションは、「4つのP」のうちの「場所」によく似ています。大きな違いは、場所は非常に受動的で、プロダクトが物理的な世界やオンラインのどこにあるかということです。プロモーションは、エンドユーザーの注意を積極的に引くことです。プロモーションは通常、ウェブサイト上のバナーから道路脇のビルボードまで、すべて広告の形で行われます。プロモーションは、プロダクトのコミュニケーションの側面である。

4Pの起源

ノートルダム大学のマーケティング教授であるエドモンド・ジェローム・マッカーシーは、1960年に著書「Basic Market」を出版し、「4つのP」の概念を提唱した。A Management Approach "を出版した。マッカーシーの「4つのP」以前のマーケティング業界では、機能主義的な考え方が主流であった。マッカーシーの「4つのP」によるアプローチは、それまで使われていた経済学を中心とした機能的手法とは異なり、社会学と心理学に基づいています。彼のアプローチは、マーケティングマネージャーと消費者行動に焦点を当てています。プロダクトマネジメントはハイテク産業の代名詞のように思われがちですが、その根源はマーケティング産業にあります。だからこそ、プロダクトマネジメントに「4P」を適用したのです。

4Pの導入

プロダクトマネージャーの主な役割は、そのプロダクトの成功を確実にすることです。そのためには、プロダクトマネージャーは、自社プロダクトが参入する市場に対応するプロダクトをどのように構築するかを知る必要があります。プロダクトマネージャーはプロダクトに責任を持ちますが、影響力を持つのは流通、価格、プロモーションに限られます。例えば、マーケティング担当はプロモーションに責任を持ちます。プロダクトマネージャーは、他の3つのPにしか影響を与えないかもしれませんが、プロダクトを成功させるためには、4Pの基本的な理解が必要です。


LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬

Discussion

ログインするとコメントできます