🤔

8つの判断基準を改善し、優れたプロダクトをより早く作る

7 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://www.producttalk.org/2014/01/improve-these-8-decisions-and-build-great-products-faster/

8つの判断基準を改善し、優れたプロダクトをより早く作る

このボタンの色は何色にするか?

締め切りまでにできるのは、xとyだけで、zはできません。これで我慢できますか?

営業からa、b、cの要求がありましたが、どれにしましょうか?

CEOが新しいアイデアを持っていて、それを追求する価値があるかどうか尋ねてきました。

プロダクトを作る者として、私たちは毎日毎日、決断を下しています。

それが良いものかどうか、どうやって知ることができるでしょうか?

ヒース兄弟の著書「Decisive」には、意思決定における4つの悪役が登場します。

  1. 問題を狭く見すぎてしまう
  2. 自分の信念を裏付ける証拠を探してしまう
  3. 短期的な感情が意思決定に影響する
  4. 自信過剰になる

カーネマンとトヴェルスキーは10年以上かけて、確証バイアス後知恵バイアス現状維持バイアス利用可能性ヒューリスティックアンカリングなど、私たちが犯しがちなミスについて研究しました。

その結果、私たちは意思決定が苦手だということがわかってきました。では、どうすればいいのでしょうか?

幸いなことに、研究結果は、これらの欠点を克服するために、思慮深い意思決定プロセスを設計する方法を示唆しています。

その方法を紹介する前に、まず、優れたプロダクトを生み出すために必要な8つの重要な意思決定を確認しましょう。

1. 目標設定

すべては、目標設定から始まります。良い目標があれば、自分が正しい道を進んでいることを信じて、全力で突っ走ることができます。他のすべてに目隠しをして、重要な1つのことにひたすら集中することができます。目標です。

しかし、間違った目標でこれを行うと、壊滅的な結果になりかねません。

ゴールをどのように特定し、選択するかは、優れたプロダクトを作る上で最も重要な意思決定プロセスの一つです。

もしあなたがゴール設定についてその場しのぎの判断をしているのであれば、おそらくあまりにも多くの異なる道を突っ走っていることでしょう。- ツイートはこちら

2. アイデアを生み出す

ほとんどの企業は、このプロセスを見落としています。アイデアの創出を、創業者やプロダクトチーム、営業チームに任せてしまいます。ただ、それが実行されることを願うばかりです。

創造性の研究のおかげで、私たちはより多くのアイデアがより良いアイデアにつながることを知っています。 また、似たようなアイデアを増やしても意味がないこともわかっています。それには、決定的な違いが必要です。

残念ながら、一般的に知られているブレーンストーミングはうまくいきませんでした。

人は、グループよりも個人の方が、より良いアイデアを生み出せるのです。- ツイートこちら

それでも多くの企業は、良いアイデアを生み出すためにブレインストーミングに頼っています。

多くの多様なアイデアを生み出すことなしに、優れたプロダクトを作ることは難しいのです。それはプロダクトの初期段階だけではありません。プロダクトのライフサイクル全体を通して重要なのです。

3. アイデアを評価する

さて、アイデアの山を手に入れたところで、どれが良いアイデアなのかをどうやって見極めるのでしょうか?どのアイデアを追求すべきか?どこに時間と資源を投入すべきか?

評価基準を明確にし、それを守ることは、プロダクトチームの最も重要な仕事の一つです。

そうすることで、誰もがアイデア創出のプロセスに参加することができます。手続き上の正義感が生まれ、人々のやる気と関心を維持するのに重要な役割を果たします。

より多くの人がアイデアを出すことで、より多くのアイデアが生まれ、より良いアイデアが生まれます。明確な評価基準があれば、それが可能になります。

言うまでもなく、追求する価値のあるアイデアを見極めることができなければ、成功することはできません。

しかし、プロダクトチームがその場で直感的に判断してしまうことが多々あります。これではうまくいきません。

4. 実験する

どのアイデアを追求すべきかを決めるために、テストを行う」という意見が聞こえてきそうです。

これは圧倒的にThe Lean Startupの最悪の副作用です(そしてそれはEricのせいではありません)。実際に本を読まなかったあなたの責任です。

壁に向かってスパゲッティを投げるのはやめましょう。すべてをテストすることはできません。1日に十分な時間はありません。どれが最も重要で、いつ、どのようにテストするかを決めなければなりません。

これには、何をA/Bテストするのか、何をユーザビリティテストするのか、いつアンケートを実施するのか、トラフィック分析で十分なのか、どのデータをいつ見るのか、などが含まれます。

ローラ・クラインは『Lean UX』の中で、多くの実験方法を取り上げ、それぞれをいつ使用するかを説明しています。彼女の本はユーモアにも溢れています。ぜひ読んでみてください。

しかし、どのような状況でどのようなテストが良いのかを知ることに加えて、チームは自分たちの基準を明確にする必要があります。

実験には2つの目的があります。第一に、何が有効で何が有効でないかを知ることができます。第二に、主要なステークホルダーからの賛同を得て、勢いをつけることができます。

スタートアップ企業は、この2つ目の目的を重視したがりません。しかし、それは重要です。

例えば、Jakob Nielsenの「良いデータを得るためにはユーザビリティテストの参加者が5人いれば良い」という言葉を信じていても、エンジニアが最低でも8人と考えているのであれば、結果の妥当性について彼らと議論するのではなく、さらに3人の参加者を調査に参加させた方が良いかもしれません。

自分たちの実験プロセスと基準を明確にすることは、チームの学習方法の規範を確立し、学んだことに自信を持つことにもつながります。

5. 優先順位付け

さて、評価基準を満たし、十分に検証されたコンセプトの中から、アイデアの山をいくつかに絞り込みました。では、何を最初に作るかはどうやって決めるのでしょうか?

一番簡単なものから作っていくのでしょうか?

多くのチームは、アジャイルを「そうだ、一番簡単なものを最初に作るんだ」と誤解しています。

これの問題点は、プロダクトが最も簡単なものばかりで、最良のものではなくなってしまうことです。

繰り返しますが、これはアジャイルの問題ではありません。アジャイルに対する人々の解釈に問題があるのです。

アジャイルは単に反復的に構築することを奨励しています。

MVPのコンセプトは、最大の仮定を検証する最小のプロダクトを作ることであり、最も簡単で最も速いプロダクトを作ることではありません。- ツイートはこちら

チームは、これらの仮定を明らかにするための良い方法を特定し、できるだけ早くそれらを検証する実験や開発を優先させる必要があります。

6. プロダクトの構築

アイデアがすぐに実行できることはまれです。ほとんどの場合、実装する前に何らかのデザインが必要になります。ここでいうデザインとは、UIやUX、ビジュアルデザインのことではありません。つまり、プロダクトデザインです。しかし、それは意思決定のプロセスではなく、アートなのです。これについては、3つ目の柱である「チーム力」と「個人力」について取り上げることにします。

とりあえず、次に作りたいものが決まっているとしましょう。

あとは、エンジニアが作るだけです。これで完成ですよね?

プロダクトを作ったことのある人なら、それは間違いです。

エンジニアは、私たちが求めているものを正確に作ることはできません。また、そうすべきでもありません。

私たちは常に何かを見落としています。依頼したものがあまり良くないこともあります。 また、エンジニアに依頼したものが粗悪品だったということもよくあります。

エンジニアとは、すべての段階でパートナーシップを組むべきです。それは、プロダクトがどのように作られるかの決定に関わることでもあります。

あなたがエンジニアリングに送る要件は、会話の始まりであるべきです。その会話は、プロダクトを作っていくうちにどんどん広がっていくものなのです。- ツイートはこちら

エンジニアがコードに没頭すればするほど、質問が増え、何が可能で何が不可能なのかをよりよく理解できるようになります。

あなたのチームでは、これらの変換を管理するための良いプロセスを持っていますか?それとも、多くのチームのように、単にユーザーストーリーを書いてアジャイルと称しながら、実際にはミニウォーターフォール方式で壁に投げつけているのでしょうか?

もしあなたが毎日エンジニアと彼らが作っているものについて話をしていないのであれば、おそらくプロダクトをどのように作っているかを再考する必要があるでしょう。

7.成功を測る

私は以前、エンジニアリングチームに「成功をどうやって測るか分からないなら、作るな」と言っていました。なぜコードを1行1行書くのか、その理由を知る責任を負ってもらいたかったのです。

成果を測定することは非常に重要です。仮定が間違っていることを教えてくれます。私は自分の仮定が間違っていることが大好きです。それは、私がプロダクトについてユーザーとは異なる考え方をしていることを教えてくれます。そして、その理由を明らかにすることが重要なのです。

しかし、何を、いつ、なぜ測定すべきかを知ることは困難です。このプロセスを正しく行うことは、プロダクトチームにとって最も困難なことのひとつです。

目標は、何でもかんでも測定することではありません。自分たちの気分を良くするために虚栄心の強い測定基準を見ることでもありません。自分たちがどんな影響を与えているかを真に理解することです。このプロセスには、熟考を重ねたデザインが必要です。

8. コミュニケーション

最初の7つのプロセスがうまく設計されていれば、優れたプロダクトを作ることができます。しかし、それだけでは十分ではありません。それだけではなく、人を巻き込んでいかなければなりません。

そのためには、誰に何を伝えればいいのかを、すべての段階で把握しておくことが重要です。適切な期待値を設定しなければなりません。社内ではセールスチーム、エンジニアリングチーム、エグゼクティブチームが、社外ではお客様やエンドユーザーが、それぞれの立場でこれを行う必要があります。

最初の7つのプロセスがうまくいっても、コミュニケーションを見過ごせば、成功するのは難しいでしょう。

以上です。

簡単ですよね。

この8つのプロセスをきちんとこなせば、道は開けます。

優れたプロダクトを作るのは簡単ではありません。

でも、ご安心ください。月曜日からは、それぞれのプロセスについて深く掘り下げていきます。

意思決定研究、行動経済学、学習理論などを参考にして、それぞれの分野で考え抜かれたプロセスを設計していきます。

新しい記事が掲載されたら、私のメーリングリストに登録してください。


LINE公式アカウントから「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取る