💖

MVE(Minimum Viable Experience)とは?

6 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://productschool.com/blog/product-management-2/minimum-viable-experience-mve/

たくさんのMで始まるキーワードが飛びかっています。MVP、MLP、MVE......追いかけるのが大変ですね。

今回は、MVE(Minimum Viable Experience)についてご紹介します。

Minimum Viable Experienceとは?

一言で言えば、MVE(Minimum Viable Experience)とは、企業がお客様に提供する最低限の360の体験のことで、マーケティングやカスタマーサポート、製品そのものなど、あらゆるものが含まれます。

MVEを定義し、その提供を目指すことの利点は、本来あるべき場所、つまりお客様に焦点を当て続けることができることです。自分が作りたい製品を作ることばかりに気を取られて、自分のブランドのカスタマーエクスペリエンスがどうなっているかを考えていないことが多いのです。

なぜ「Mで始まるキーワード」が必要なのか?

ビジネスに携わる人であれば、ここ数年の間にこのような頭文字を多用した言葉を目にしたことがあるでしょう。

Minimum:MVP/MVEの中でも最も重要な意味を持つ「ミニマム」は、リーンプロダクト開発の手法に由来するものです。何千ドル、何百万ドルもかけて何かを作っても、間違ったものを作ってしまったということにはなりたくないですよね。無駄を省き、テストできる程度のものを作ることで、新しい情報が入ったときにピボットすることができるのです。

最小限の定義は、どの製品を作っているか、どの業界に属しているかによって全く異なるため、一概には言えません。例えば、GoogleがMVPを作ったとしても、Googleの製品にはユーザーが求める一定の期待があります。ユーザーは、その製品がGoogleのエコシステムの中で動作することを望んでいるでしょうし、すべてのGoogle製品に期待される美的な洗練された輝きを持っていることを望んでいるでしょう。彼らには、「ちょっと不便だけど、動くよ!」というようなものを作る余裕はありません。

スタートアップや一人バンドで最初のMVPを作るときは、問題を解決し、ニーズを満たすものであれば、多少荒削りなものでも問題ありません。あなたの定義する最小値と、Googleの定義する最小値は、同じではありません。

チェックしてみてください:プロトタイプとMVPの違い

Viable:「価値提供可能」という言葉も、解釈次第ではあります。MVPの観点では、最低限の機能は備えているが、問題を解決し、ニーズを満たしていることを意味します。問題を解決するだけで、それ以上のことはできません。この鍵はこの錠に合うか? 価値提供可能なものとは、機能し、市場に投入でき、スケールアップできるものです。

繰り返しになりますが、価値提供可能とは、製品、企業、業界ごとに異なる意味を持ちます。そして、何かを作り始める前に、自分にとっての実行可能な意味を決めることが重要です。

MVP vs MLP vs MVE

MVP(Minimum Viable Product)とは、製品や機能そのものに焦点を当てたものです。MVPにふさわしいものを作っているかどうかを判断する際には、通常、1つの主要な質問を自分に投げかけます。"これはニーズを満たしているか、問題を解決しているか?"

答えがイエスであれば、おめでとうございます。MVPが完成しました。しかし、今の時代、仕事をするだけではお客様を満足させることはできません。

私たちが日常的に使用しているデジタルツールの大幅な増加により、消費者が慣れ親しんでいる品質レベルは、機能性だけでは不十分です。

私たちは、ブランディングとデザインに支えられた世界に生きています。人々は、製品が設計された当初のニーズだけでなく、彼らのニーズ、感情、美的感覚を満足させる製品を求めています。

そこで考えられたのがMLPです。MLPとは、Minimum Loveable Productの略です。これは、お客さまに愛されるために必要な何かを備えた製品のことです。

「最小限の製品」と「愛される製品」の間には微妙なバランスがあります。というのも、愛される製品を作り上げるには、余分な時間やリソース(またはその両方)が必要だからです。

MVEは、さらに一歩先を行きます。MLPはただ製品を扱い、それが何らかの形で特別なものであることを確認します。MVEは製品だけでなく、マーケティング、セールス、カスタマーサポートなども含めた包括的なサービスを提供します。

コーヒービジネスに参入するなら、まずは美味しいコーヒーを淹れることから。そこにあなたのMVPがあります。

ブラックコーヒーを飲む人はあまりいないので、ミルクを少し入れてみたり、カフェインレスのものを用意したりします。これがあなたのMLPです。人々は、自分の好きなようにコーヒーを飲みたいと思っています。

しかし、知らない人からコーヒーを買う人はあまりいないでしょう。そこで、店舗を借りて、座る場所と、フレンドリーな顔をしたバリスタ(販売員)を何人か加えました。スターバックスのようにはいきませんが、人々はあなたが誰であるかを知り、自分のお金が良い場所に行くことを知っています。ゼロからスタートしたというストーリーを語り(マーケティング)、最初からうまくいかなかった場合は無料で交換し、人々はあなたが面倒を見てくれることを知っています(カスタマーサポート)。それがあなたのMVEです。

あなたは以下の項目にも興味があるかもしれません:アジャイル・プロダクト・マネジメント。PMのための学習ガイド

MVEの測り方

経験とは、非常に主観的で多くの要素を含んでいるため、最初は定量的なデータで捉えることが難しいと思われます。

定着率

MVEを提供しているかどうかを測定するための信頼性の高い方法の一つが定着率(リテンション)です。ほとんどのお客様は、(無料の場合は特に)何かを試しに一度ダウンロードし、1、2回使用するかもしれません。しかし、その後は何もせず、ずっと使っていたいとは思わないでしょう。

製品の初期段階では(MVEを構築しようとしている場合は、おそらくそうでしょう)、顧客獲得はエキサイティングでセクシーです。しかし、リテンションがなければ、製品は水漏れするバケツのようなもので、いつかは空っぽになる運命にあります。リテンションを優先的に評価することで、提供している体験の価値をより簡単に把握することができます。

こちらもご覧ください:優れたプロダクトマネージャーはこんな指標を記録している

NPSスコア

ネットプロモータースコアは、顧客層の考えを把握し、それを数値化するためのもう一つの優れた方法です。

チェックアウト:プロダクトマネージャーのためのNPSとその活用法(適切に!)

定性データ

定量的なデータはスプレッドシート上で見るには良いかもしれませんが、定性的なデータも同様に重要です。エクスペリエンスとは、人々がどのように考え、どのように感じているかということであり、MVEを構築する上では、ユーザーの声に耳を傾けることが重要です。

ユーザーインタビュー、顧客フィードバック調査、App Storeのレビューなどを参考にしてみてください。

MVEのメリット

製品が目指す問題を解決するためには、必要最低限のことしかできなくても構いません。しかし、サポートやサービスの面でも最低限のことしかしていないと感じられると、お客様はお金を出してくれないでしょう。

これは、飽和状態の市場にいる場合や、MVP形式の製品が「あったらいいな」と思われている場合には特に重要です。あなたの会社がブランドとして提供する経験は、あなたを競合他社から引き離すものです。

例えば、あなたがポッドキャストツールの新しい最高傑作を作ったとしましょう。ポッドキャスト愛好家のためのツールとして、SpotifyとApple Podcastsを合わせたよりもさらに優れた機能を満載するという大きな計画を持っています。

しかし、それはバージョン1ではありません。バージョン1はただのポッドキャストプレーヤーであり、市場にある他のツールと比較してユニークなものにするために、1つか2つのクールな機能が追加されています。

MVEの核となる要素に注意を払わなければ、潜在的な顧客が競合他社ではなく自社を選ぶ動機にはならず、熱狂的なポッドキャスト愛好家を惹きつけるだけになってしまいます。あまりにもニッチな顧客層のため、規模を拡大することはできません。

MVEのコア要素

MVEはそれぞれ異なります。あなたには、素晴らしい360のブランド体験を作り上げるための余分な時間やリソースを費やす余裕がないので、あなたのMVEはまだ非常に素っ気ないものだと判断するかもしれません。それはそれでいいのです。

バージョン1のMVEに、定期的にチェックするサポート用のEメールアドレスが含まれているだけなら、それでいいと思います。初期の段階でMVEを定義することは重要です。

とはいえ、MVEの核となる要素には次のようなものがあります。

ブランディングとマーケティング

真実は、人々が 愛する。ブランドです。自分のスペースの中で特定のブランドとして位置づけることで、他社との差別化を図ることができます。数多くの製品の中から、人々は自分の価値観や美意識を表すブランドの製品を使いたがります。

ブランディングやマーケティングを通じて自分が何者かを示すことは、たとえ小さなことであっても、潜在的な顧客に多大な影響を与えることができます。

彼らはあなたからどんなマーケティングメッセージを受け取っていますか?あなたは、ユーザーのコミュニティに参加していますか?あなたのストーリーや価値観を効果的に伝えていますか?あなたの会社に好意的な印象を持っていますか?これらはすべて、MVEを作成する際に自分自身に問いかけることができる質問です。

ぜひご覧ください:製品戦略とマーケティング戦略によって成長を促進するための5つの鍵

セールスとオンボーディング

セールスは製品開発の縁の下の力持ちであることが多く、オンボーディングプロセスは危険なほど見落とされがちです。マーケティングでは、製品の魅力をすべて伝えることができるかもしれませんが、セールスとオンボーディングでは、お客様を座らせて、「これは実際にどのように機能するのか」を説明しなければなりません。

優れたセールスプロセスがあれば、製品への信頼を高め、重要なアーリーアダプターを獲得することができます。

カスタマーサポート

これはB2Bでは特に重要です。企業のお客様が、メールの返事がなく、何かあったときに頼れる人がいないと、大きな契約を失い、仕事上の評判も下がってしまう恐れがあります。

世界最高のニュースレタービルダーを構築しても、お客様がメールを送信しなければならないときにプラットフォームがダウンしてしまい、あなたがどこにもいなくなってしまったら......信頼を回復するのは難しいでしょう。

B2B以外の分野でも、何か問題が起こる可能性はあります。避けられない事態が発生したときに、しっかりとしたカスタマーサポートでお客様をサポートすることは、お客様を確保する上で非常に大きな意味を持ちます。

エコシステム

ほとんどの人は、ある程度の技術を持っています。たくさんの技術を持っている人もいます。私たちの多くは、注意深く管理されたエコシステムを持っています。お気に入りのアプリと連動するウェアラブルや、すべてのデバイスをつなぐクラウドサービスなどです。

例えばSlackとの連携など、エコシステムに組み込むことができる製品を作れば、ユーザーはその製品を自分のスタックに入れておくことができます。ユーザーが製品を使う習慣を身につけることができ、製品の使用感がよりシームレスになるのです。

MVPについてもっと知りたい

MVPの立ち上げについてもっと知りたいですか?マイクロソフトのプロダクトリーダーによる素晴らしい講演をご覧ください。

https://youtu.be/QJZw6M1IYwQ

LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬