💼

プロダクトのキャリアパスを考える

2021/07/20に公開約3,700字

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://productschool.com/blog/product-management-2/ama-add-value/

今週のプロダクトスクールでは、マイクロソフトのプリンシパルグループPMマネージャーであるVyom Nagrani氏をお迎えして、特別セッション「#AskMeAnything」を開催しました。Vyomは、PMがチームに最大の価値を与える方法、プロダクトのキャリアパスの計画、PMが知っておくべき最も重要なことなどの質問に答えました。

Vyomについて

Vyomは、分析的な問題解決のための考え方と、効果的な対人関係のスキルを持つ、実績あるリーダーです。彼は、ビジネス戦略とオペレーションを通じて、新たな収入源を生み出し、収益性を高めるためのビジネスアイデアを生み出し、実行してきた実績があります。

また、新規事業やプロダクトロードマップの提案、資金調達、ビジネス指標や進捗状況の報告など、上級管理職とのやりとりも経験しています。現在は、マイクロソフトのプリンシパルグループPMマネージャーとして、同社の開発者部門のプロダクトマネージャーのチームを率いています。

プロダクトの世界に入るときに知っておきたかったことは何ですか?

素晴らしい質問ですね。実際にはたくさんあります。「お客様と話す」という言葉は何度も耳にしていましたが、それがどのように機能するのか、何についてお客様と話すべきなのか、お客様によって求めていることが違う場合にはどうすればいいのか、よくわかりませんでした。プロダクトマネジメントはとても簡単で論理的なものだと思っていましたが、時間が経つにつれ、それに加えてもっと多くのことを学ぶことができました🙂

プロダクトマネージャーにとって最も重要な教訓は何ですか?

プロダクトマネージャーが組織にもたらす最大の価値は、お客様のことをよく知っていることと、プロダクトについて知るべきことをすべて知っていることです(機能、利点、ユースケース、競合など)。チームに付加価値を与えるために、この2つに集中してください。

プロダクト以外のバックグラウンドを持っている人がプロダクトマネジメントに参加するには?

プロダクトマネジメントに参加するために、特定の学問や経歴を必要とすることはありません。

最終的には、お客様の問題について話し、それを組織が提供できる要件に変換し、プロダクトを市場に投入し、ビジネスを成長させることができる必要があります。

ですから、あなたの経験から、これらの責任に沿ったプロジェクトを紹介してみてください。 自分の組織の既存のPMと協力してプロジェクトを行ったり、組織が許可している場合は、数ヶ月間PMを代行するローテーションを行ってみてください。プロダクト管理の資格は、移行へのコミットメントを示すとともに、仕事で必要となるスキルを身につける上で、間違いなく役立ちます。

新しいプロダクトマネージャーが、新しい会社で新しい職務に就いてから最初の30日、90日の間に優先すべきことや課題は何ですか?

企業文化に大きく左右されるので、一概には言えませんが、一応答えておきます。 一般的には、最初の30日間は、そこでの仕事の進め方を学び、人々と話し、自分のチームが使っているツールやプロセスを理解することです。 最初の90日間は、お客様について学び、プロダクトについて学ぶべきことをすべて学ぶことです。そうすれば、生産性が向上し、チームが次に何をすべきかの計画を立てることができます。

プロダクトのキャリアプランを立てるのに最適な方法は?

「キャリア」というのは長い長い時間です😃

まず、自分の好きな分野の会社に入社します。 まずは自分の好きな分野の会社に入り、その会社の中で自分の興味のあるプロダクトに移行する機会を待ちます。 あとは、自分の好みは時間の経過とともに変わっていくものですから、あまり機会を狭めないようにしましょう。

上級管理職と仕事をする上で最も重要なスキルは何ですか?

上層部と協力して仕事をすることは、プロダクトマネジメントに限らず、すべての職務において重要なことです。ただし、PMはお客様の声を組織にフィードバックする役割を担っているため、他の人よりも少し多くの機会を得る傾向があります。これは習得すべきスキルなので、より多くの交流を持てば持つほど上達します。一般的には、できる限り事実に基づいて、お客様が望んでいることに関連づけて発言し、要求を明確にすることです。

新規事業のためのプロダクトロードマップを作成する際のヒントを教えてください

新規事業に参入する目的や目標が何であるかによります。

その分野で多くのお客様の要望があるから参入するのであれば、その要望に応えることがロードマップを定めるための最良の方法となります。また、既存のプレイヤーに対抗するためにそのビジネスに参入するのであれば、彼らの提供するプロダクトを検討することが良い出発点となります。

MVPの提供とソリューションの構築では、どのように交渉しますか?

プロダクトのライフサイクルのどの段階にあるか、また組織の成熟度がどの程度かによります。初期の段階では、素早く市場に投入することが重要なので、手探りのソリューションで十分です。プロダクトや組織が成熟してくると、品質、信頼性、拡張性などにますます注力する必要があります。

チェックアウト:プロトタイプとMVPの違い

最後にアドバイスをお願いします

PMを目指す人への最後のアドバイスは、どんな移行も難しく、時間がかかることを理解することです。 来月には夢の仕事(業界、会社、プロダクト、機能、レベルなど、自分が選んだもの)に就けるとは思わないでください。しかし、夢をあきらめてはいけません。定着する進歩は常にゆっくりとしたものです。

既存のPMと密接に働くプロジェクトをいくつか担当したり、PMのローテーションやインターンシップに参加したり、夢の仕事ではないけれどPMのスキルが身につく仕事を担当したりして、数年後にはそこから飛躍することを目指しましょう。また、Product Schoolのようなフォーラムで、PMの役割やPMの面接を突破する方法について学びましょう。


Twitter始めました🐣

https://twitter.com/PmTranslate

LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬

Discussion

ログインするとコメントできます