📕

プロダクトマネジメントにベストな本のビジュアルガイド

11 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://www.delibr.com/post/visual-guide-to-the-best-books-on-product-management


これは、プロダクトマネージャーであるあなたのための読書ガイドです。プロダクト管理に関する最良の書籍を厳選して紹介しています。しかし、単なる読むべき本のリストではありません(世の中には「7/13/25のプロダクトマネジメントに関するベスト本」のようなリスト記事がたくさんあります)。むしろ、このガイドはあなたの好みに合わせて、視覚的なガイドを使って案内しています。では、さっそく読んでみましょう。

プロダクトマネジメントにベストな本のビジュアルガイド

この第一歩を踏み出し、そして自分の道を選ぶ

まず最初に、そしてこれが唯一「非選択的」と呼べる本です。


https://www.amazon.co.jp/dp/4820727508/
Inspired - Marty Cagan
この本は、関連するすべての側面を少なくともある程度はカバーしており、とてもよくできています。しかし、発見を除けば、あまり深く掘り下げてはいません。まだ読んでいないのであれば、まず読んでみてください。非常に貴重な視点を提供してくれます。そして、次に何に興味を持つかによって、それぞれの分野をより深く掘り下げるための本が違ってきます。

プロダクトマネージャーとしてスタートしたい(またはPMを雇いたい)とお考えですか?

このガイドが、PMとしてのキャリアをスタートさせたばかりのあなたに適応されないとしたら、何か不都合があると思いますので、ここでは2冊の本をご紹介します(また、あなたがテーブルの反対側にいることに気付いた場合、これらの本をざっと読むことで、面接官の立場になったり、他の人がどのように採用活動を行っているかを知るのに役立ちます)。


https://www.amazon.co.jp/dp/0984782818/
Cracking the PM Interview - Gayle Laakmann McDowell
この本は、2つの本のうち、より全体的な内容を含んでいます。プロダクトマネジメントについての一般的な考え方や、応募プロセスのステップについての洞察、質問と回答の例などが書かれています。応募する前に必ず読んでおきましょう。


https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZV8BM2S/
Decode and Conquer - Lewis C. Lin
この本は、面接そのものに焦点を当て、さらに多くの質問と答えの例を掲載しています。完璧な準備をしたいのであれば、最初の面接に臨む前に必ず勉強してください。

PMの役割で成長したいですか?

このセクションでは、本記事の大部分を占め、PMの役割における具体的なヒントやスキルを紹介します。しかし、もしあなたがPMであれば、次のプロダクトリーダー向けのセクションもお見逃しなく。格言にもあるように、「自分は常に現在の給与等級よりも1段階上だと考える」のです。

具体的な事例とコツ

多くの場合、PMが不足していると感じるのは、特定のスキルに関する知識ではなく、骨のある肉や一般的な豊富な事例です。これを得るためには、もちろん自分の経験が最も強力な手段ですが、読書をすることで少しだけターボチャージがかかります。


https://www.amazon.co.jp/dp/B0778ZX2TX/
Product Management in Practice - Matt LeMay
タイトルに偽りはありません。マットは、具体的なヒントやコツを大切にします。私が本を書くのを手伝ってくれたとき、彼はいつもこのことを言っていました。そして、彼の本にはそのヒントがたくさん詰まっているので、それを実践しています。マーティの本が地図を与えてくれるものだとしたら、マットの本は実用的なガイダンスとヒントで地図を埋め尽くしてくれます。

目標設定

目指すべきゴールがないと、優先順位付けが恣意的になる危険性があります。それに加えて、PMはビジネスの目標と顧客やユーザーの目標のバランスを取ることに常に苦労しています。したがって、PMの最も重要なスキルの一つは、これらの視点のバランスをとるための目標設定です。以下の2冊の本は、それぞれの視点を深く掘り下げています。


https://www.amazon.co.jp/dp/4532322405/
Measure What Matters - John Doerr
ビジネス目標を設定し、それをフォローするための優れたシステムを導入したいと考えているなら、その最良の方法の1つがOKR法(Objectives and Key Results)である。インテルのアンディ・グローブ氏が考案したこの手法は、定性的な目標(Objectives)と定量的な目標(Key Results)を、一連の取り組みと結びつけるものです。この方法を使えば、まずどこに行きたいかという願望的なストーリーを語り、そこに到達したかどうかをどうやって測るかを具体的に定義することができます。OKRについて知りたい、始めたいという方には、これ以上の本はありません。ドーアは、グローヴと直接仕事をした後、クライナー・パーキンスの投資家として、グーグルをはじめとする多くの企業にOKRを導入した経験から、自分の言っていることがよくわかる。


https://www.amazon.co.jp/dp/B07QJ1Y8Y5/
Outcomes Over Output - Josh Seiden
OKRはそれ自体、優れたPMの特徴である顧客の成果に焦点を当てることについては何も述べていません。OKRは多くの場合、何らかのビジネスインパクトに関連しており、それに続くイニシアチブは通常、特定のアウトプット(PMの場合は多くの場合、機能アウトプット)を生み出すことを目的とした活動に変換されます。本書の前提は、機能のアウトプットとビジネスインパクトの間の中間段階として、顧客の成果を導入し、それに焦点を当てることが不可欠であるということです。実験をどのように行うか、それが測定、計画、組織化にどのような意味を持つかなど、このような作業を実践的に学びたい方には、この本がお勧めです。

発見をする

明確な目標が設定されたら、次にやるべきことは、何を作るかを考え、それが目標を達成できるかどうかを確認することです。これがプロダクトディスカバリーです。この分野で傑出した2冊の素晴らしい本があります。


https://www.amazon.co.jp/dp/150112174X/
Sprint - Jake Knapp
瞬く間に成功を収めたこの本は、初期の問題定義からプロトタイプのテストまで、発見のフルサイクルを行うための1週間のプロセスを設定しています。すぐに成果を出したいのであれば、この本を読むといいでしょう。しかし...。


https://www.amazon.co.jp/dp/B094PVB97X/
Continuous Discovery Habits - Teresa Torres
...もし、あなたが発見を単発的なものではなく、継続的な作業に変えたいのであれば、この本は明確な道筋を示してくれます。テレサは、継続的な発見を次のように定義しています。「最低でも毎週、プロダクトを作っているチームが顧客とタッチポイントを持ち、望ましい結果を求めて小さな調査活動を行うこと」です。

チームやステークホルダーとの協働を通じて...

作るべきものがだいたい決まったら、いよいよデリバリーに移りましょう。デリバリーとは、チームやステークホルダーとのコラボレーションやコミュニケーションのことです。そのためには、3つの異なるアーティファクトが特に有効であり、それぞれに専用の本があります。


https://www.amazon.co.jp/dp/4873117321/
...ユーザーストーリー? - User Story Mapping - Jeff Patton
ユーザーストーリーを適切に使用すると、全員が同じページにたどり着くことができる魔法のような能力があります。開発者であれ、デザイナーであれ、ビジネスステークホルダーであれ。開発者、デザイナー、ビジネスステークホルダー、それぞれが異なる視点を持っているかもしれませんが、異なる機能が実際のユーザーにどのように適用されるかというストーリーには、誰もが共感できるはずです。ジェフはこのことを誰よりもよく理解している。


https://www.amazon.co.jp/dp/9151960982/
...機能ドキュメント?- Epic Alignment - Nils Janse
チームとステークホルダーが同じ部屋に座っていない場合、正しい方法であれば、フィーチャリングドキュメントを書くことで、同じページに収まるようにすることができます。Jeff Pattonが序文を書いた私の本には、そのための最善の方法が書かれています。Matt LeMay氏はこう言います。「Epic Alignmentは、プロダクトマネジメントの最も重要かつ過小評価されている側面の1つを深く掘り下げています。」
(完全な免責事項 - 私がこの本を書きました)


https://www.amazon.co.jp/dp/149197172X/
...ロードマップ?- Product Roadmaps Relaunched - C. Todd Lombardo
フィーチャー・ドキュメントと同様に、ロードマップも正しく作成されていれば、チームやステークホルダーが適切な議論を行えるようにするための、非常に強力で柔軟なアーティファクトとなります。しかし、ロードマップに詳細な情報を盛り込みすぎると、特定の機能を将来の正確な日付で提供しなければならなくなり、議論のための柔軟なキャンバスとしての機能が失われてしまうという落とし穴があります。この点については、こちらの本をお読みください。

ユーザーの行動を変える

顧客の成果目標に向けて努力することは、ユーザーの行動を変えることにつながります。1つはユーザーの改善を支援するもの、もう1つはユーザーを夢中にさせるものです。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00VAUIM18/
Badass: Making Users Awesome - Kathy Sierra
Sierra氏は、ユーザーが改善して「悪い人」になるのを手助けしたいと考えています。そのためには、ユーザーの現在のワークフローを理解し、そのフローの障害となっているものを取り除くなどして、より効果的なものにする必要があります。ユーザーを助けることで、そのプロダクトを気に入ってもらい、また戻ってきてもらうことができるという考え方です。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00KKN3JAK/
Hooked - Nir Eyal
Eyal氏は、ユーザーをプロダクトに夢中にさせ、「ハマる」ようにしたいと考えています。この本では、ユーザーの脳内報酬メカニズムを理解することでこれを実現することを提案しており、シンプルな4つのステップモデルを提示しています:トリガー、アクション、報酬、投資。そして、このモデルをどのように活用するか、Twitter、Instagram、Pinterestなどの例を挙げて説明しています。

プロダクトリーダーになりたいですか?

プロダクト・リーダーシップのレベルでは、一つの疑問が何よりも際立っています。それは、PMが(単なる機能構築ではなく)実際にビジネスを前進させ、顧客に役立つものに取り組むことをいかに保証するかということです。2冊の本がこの問題を少し異なる角度から考察しています。


https://www.amazon.co.jp/dp/4873119251/
Escaping the build trap - Melissa Perri
タイトルが示すように、メリッサの本はこの問題を正面から取り上げ、個々のPMとPMのマネージャーの両方が「ビルドトラップを避ける」にはどうすればよいかを考察しています。つまり、単に機能のアウトプットを作るのではなく、ビジネスインパクトや顧客の成果に焦点を当てることです。この本には、採用すべき高いレベルの考え方と、地に足のついた実践的なアドバイスや事例が盛り込まれています。


https://www.amazon.co.jp/dp/B098B4NLFJ/
Empowered - Marty Cagan
マーティの最初の著書である『Inspired』でも、「フィーチャーチーム」よりも「プロダクトチーム」の重要性について触れています。タイトルが示すように、本書では、このような状況を実現するための答えは、単に機能を提供するだけでなく、その責任を果たす「権限を与えられたプロダクトチーム」を作ることであると主張しています。本書は、プロダクトリーダーシップがどのようにしてこれを実現するかに焦点を当てています。

プロダクトライフサイクルの特定のフェーズに興味がありますか?

PM関連書籍を分類するもう一つの方法は、プロダクトライフサイクル(PLC)のどの部分に関連性があるかということです。以下に、PLCに特化したPM関連書籍を紹介します。

なぜなら、「スタートアップマインドセット」を維持し、基本的な仮定を疑い、迅速な反復を行うことが常に重要だからです。また、スケールアップについても同様で、「一歩先を考える」という大きな視点を持つことが常に重要です。

初期フェーズの場合

プロダクト開発の初期段階にいる場合(あるいは、ピボットやソフトピボットを行い、振り出しに戻ることになった場合)には、特に役立つ書籍がいくつかあります。


https://www.amazon.co.jp/dp/4822248976/
The Lean Startup - Eric Ries
リーン・スタートアップというカテゴリーを広めた本です。MVP(Minimum Viable Product)とは何かについての新鮮な見解は、テストする前に物を作りたいと考えているPMにとって、良い挑戦であると言えるでしょう。この本を読めば、現実世界でテストする前にものを作りすぎてしまうことを防ぎ、より効果的なPMになることができるでしょう。このことは常に関係していますが、特に新しい価値提案や微調整された価値提案を探しているときにはそうです。


https://www.amazon.co.jp/dp/4798140562/
Value Proposition Design - Alexander Osterwalder et al
この本は『The Lean Startup』を参考にしていますが、プロダクトマーケティングに非常に実践的なステップ・バイ・ステップのアプローチをもたらしています。やりたいことのアイデアがあり、その仮説を拡大して検証し、マーケティングで検証された価値提案に変えるための厳密なアプローチを求めているのであれば、この本は素晴らしいです。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00SZ638C8/
The Lean Product Playbook - Dan Olsen
これも『The Lean Startup』をベースにしながら、デザインやユーザー・エクスペリエンス(UX)を深く掘り下げ、プロダクトの使い勝手を向上させるための迅速なイタレーションを重視した本である。著者は「オルセンのユーザビリティの法則」を次のように定式化している。「ある行動をとるために必要なユーザーの労力が大きければ大きいほど、その行動をとるユーザーの割合は低くなります。ユーザーの労力が少なければ少ないほど、その行動を取るユーザーの割合は高くなる。」

スケールアップしたいと思ったら

もし、あなたが最初の牽引力を持っていて、さらに成長したいと思っているなら、特に読むべき本があります。


https://www.amazon.co.jp/dp/4798101524/
Crossing the chasm - Geoffrey Moore
1991年に書かれたハイテクプロダクトのマーケティングに関する不朽の名著であるが、今でも十分通用する。この本では、PLCの最初の2種類のユーザー、イノベーターとアーリーアダプター(初期採用者)から、「キャズム」を越えてアーリーマジョリティ(前期追随者)に移行するという課題を取り上げています。

問題は、プラグマティストが最初の2つのアダプターグループとは異なる期待を持っていることです。ムーアはこの問題を克服するために、市場の狭いニッチセグメントに焦点を当てることや、プロダクト全体のソリューションを確立することなど、いくつかのアプローチを提案しています。

まとめ

以上、プロダクトマネジメントに関する私のお気に入りの書籍をまとめ、次に読む本をどこまで深く学びたいかで選べるように構成してみました。


Twitter始めました🐣

https://twitter.com/PmTranslate

LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬

Discussion

ログインするとコメントできます