👨‍🏫

誰も語らないプロダクトマネジメントのスキル

7 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://hackernoon.com/product-management-skills-no-one-talks-about-5d50debfb815

プロダクトマネジメント業界が皆さんに隠している、あるいは声を大にしては言えない秘密をお教えしましょう。ハードスキルとは?PRDを書くこと?ユーザーインタビューをすること?UXを理解すること?ビジネスや技術の知識?
目に見えるものだけではありません。そして、より良いプロダクトマネージャーになるために必要なのは、UX、ビジネス、技術以上のものです。

数年前、私がプロダクトマネジメントの仕事を始めたとき、「PMは何をしているのか」「良いPMになるために必要なスキルは何か」というテーマでGoogle検索をすると、ほとんどすべてがベン図にたどり着きました。このベン図です。

ベン図は、プロダクトマネージャーが技術、デザイン、ビジネスの交差点に位置することを示しています。このベン図は、私が何をし、何を学ばなければならないのかを知るための良いヒントになりました。そこで、私は必死になってそれぞれのテーマに関する本を買い集め、1年足らずの間に50冊以上の本を読みました。その間に、1週間で3冊の本を読むという自己記録も達成しました。これは当時の私のFacebookの投稿で、自己陶酔的で限られた世界観に浸っています。

タルーナ・マンシャンダ
1週間前、3冊。www.facebook.com

そして、現実が襲ってきました。というか、突っ込んだと言った方がいいかもしれません。

プロダクトを作り、(文字通り)涙を流し、厳しい日々を過ごしながら、プロダクトマネジメントはビジネスやUX、技術よりもはるかに重要であることを学びました。実際には、ビジネス、UX、技術はプロダクトマネジメントの仕事の一部に過ぎません。

プロダクトマネジメントの仕事は、根気強く、絶え間ない忍耐と感情的な戦いの連続であり、それでいて幸せなのです。

プロダクトマネジメント業界で4年近くを過ごし、国内で最も優秀な頭脳を持つ人たちと一緒に大成功を収めたプロダクトを作り、協力してきた私は、その過程で多くのことを学びました。これらはすべて、間違いを犯し、失敗し、一日の終わりに「もっとうまくやればよかった」と思うような経験から得られたものです。そして今では、そのより良い方法がどのようなものかを知っています。

それではどうぞ。

レッスン1:プロダクトマネージャーは悲しんではいけない

変だと思われるかもしれません。PMは悲しんではいけない?常に幸せでなければならないということでしょうか?また、それがどのように重要なのでしょうか?

PMの典型的な一日は、ベイの片隅に座って、黙々と考えながらプロダクト要求書を書くことではありません。それどころか、UXや技術、ビジネスの担当者から常に声をかけられているような日々です。典型的な一日は、たくさんのミーティングや会話、たくさんの調整、そしてアイデアや反論のやりとりです。

PMの仕事は、セールスコールが終わらないような仕事です。一瞬一瞬がショータイムなのです。1日のうちに、気質や性格、動機、ニーズや感情の異なる何十人ものステークホルダーと対話しなければならない仕事です。それなのに、不機嫌だったり、暗い顔をしていたり、いつでも最高にワクワクしている自分でいられますか?では、どうして悲しい思いをする余裕があるのでしょうか?大小の営業会議で、疲れていたり、熱意がなかったりして、勝てるわけがありません。

幸せが鍵なんだよ、ベイビー。文字通りね。

レッスン2:プロダクトはあなたの赤ちゃんではない

よく耳にするのは、この反対の言葉です。「プロダクトはあなたの赤ちゃんです。プロダクトはあなたの赤ちゃんであり、あなたが世話をし、育て、自分の子供のように愛さなければならない、と。その理由は、自分の赤ちゃんにするのと同じように、無償の愛、24時間365日の公平な配慮、そして血と汗を与えなければならないからです。

それは間違っている。理由は1つではなく、2つあります。

まず、あなたは自分の赤ちゃんを殺そうと考えたことがありますか?自分の赤ちゃんに対する批判を聞いても平気ですか?

もしそうでなければ、プロダクトを自分の赤ちゃんだと考えるのはやめましょう。それは違います。商品なのです。成功させるためには努力しなければならないし、感情的になることもありません。ましてや、自分の子供を思うような気持ちではいけません。

次に、子供は24時間体制で注意を払う必要があるかもしれませんが、プロダクトは自分のためにはそうはいきません。

時には、耳を傾けるためにシャットダウンする必要があります。箱の外で考えるためには、箱の外に出なければなりません。そして、プロダクトのブルーオーシャンを見つけるために、そのプロダクトの現状から自分を切り離すのです。

なぜこのようなことを言うのか?

プロダクトマネジメントとは、プロダクトを常に改善していく旅です。また、悪いアイデア、悪いプロダクトや機能を放棄する旅でもあり、期待通りに機能していない場合には、時にはそれらを日没させることもあります。自分のプロダクトに思い入れがあると、自分のプロダクトに対する批判に目が向かなくなります。時には、防衛的になり、フィードバックやユーザーの声を適切に受け止めることができなくなることもあります。これらはすべて、悪いプロダクトマネジメントのレシピなのです。

だから今日は、あなた自身のためにも、プロダクトのためにも、プロダクトをあるがままの姿、つまりお客様のニーズを解決するためのビジネスとして捉えましょう。

レッスン3:すぐに満足したいなら 別の仕事を探そう

前述のポイントで、プロダクトマネジメントを営業の仕事に例えましたが、ここでの重要な違いは、仕事の終わりに満足感がないことです。売り込みをして、販売は完了しますが、背景にはコインの音がありません。

あなたが行ったセールスコールは、今日、明日、あるいは半年後に契約に結びつくわけではありません。

プロダクトは、販売契約でも、契約書でも、数行のコードでも、デザインでもありません。それは旅なのです。

その旅は、延々と続くのです。そして、最悪の事態を知っていますか?あなたがその契約をしたわけでも、あなたがそれを売り込んだわけでも、あなたがそのコードを書いたわけでも、あなたがそれをデザインしたわけでもない(ほとんどの従来のPMの仕事では)ので、1日の仕事の終わりに何かを終えたという満足感を得ることは、めったにありません。とても珍しいことです。

しかし、あなたは常に改善、反復、洞察、最適化を行い、それぞれのポイントで正しい判断を下すことになります-それは終わりのないサイクルです

プロダクトマネジメントには、物事を最後までやり遂げるための絶え間ない忍耐が必要です。学び続け、反復し続けるために。そして結果を出し、それがまた次の最適化の出発点となるのです。

ですから、すぐに成果を出したいと思っている人には、この分野は向いていないかもしれません。

余談:我慢しすぎるのもよくありません。PMとしては、プロダクトを早く世に送り出すために、行動に移すという強いバイアスを持っていなければなりません。

矛盾したアイデアが多すぎる?誰が簡単にできると言った?

レッスン4:検証ではなく、真実を求めることを学ぶ

PMとして、あなたは通常、ユーザーの問題を解決するために、既存のソリューションよりも少なくとも4倍のデルタで優れた、革新的なアイデアを生み出すことを期待されています。この旅では、問題文、誰のためにこの問題を解決するのか、問題の大きさ、問題に対する既存のソリューションセットは何か、などについて多くの調査を行うことが求められます。

また、多くのPMはこの過程で、どのような解決策が妥当なのか、仮説を立てる傾向にあります。その上で、そのソリューションがどれだけユーザーの問題を解決できるのかを調査し、裏付けを取ろうとするのです。そして、その過程で、ドキュメントをまとめ、プロダクトの仮説を立て、ビジョンを書き、インパクト分析を行います。

ここまでは順調です。この段階になると、何週間も(あるいは何ヶ月も)かけて問題文に対する解決策を見つけようとした後で、自分の解決策に愛着を持ってしまうのが人間です。そして、そこからが問題なのです。一旦ソリューションに執着すると、PMは真実を見つけることよりも、自分の思考プロセスの検証を周囲に求めるようになる傾向があります。アイデアへの投資が愛着につながり、愛着が防衛機制を働かせることになります。

こんなとき、私はこうします。「うまくいくかどうか」を聞いて回るのではなく、「あなたのアイデアが失敗する可能性がある理由を3つ教えてください」と聞いてみるのです。それ以下ではなく、鋭い理由を3つ聞いてみてください。そうやって10人の人と話をすれば、3×10、つまり自分とは異なる30の視点から考えを巡らせることができるのです。

ここで注意しなければならないのは、あなたの最善の判断力を働かせることです。この30の視点のすべてが正しいわけでも、重要なわけでも、すぐに実行できるわけでもありません。このエクササイズの目的は、自分自身が真実を求めてもいいと思えるようにすることであり、検証のために妥協しないことです。

レッスン5:「でも、やっちゃった症候群」とは?

これはすべての教訓の中で最も重要なものです。そしておそらく最も短い教訓です。私はまず、プロダクトマネジメント業界はハードスキルをあまり気にしていないと言いました。つまり、どんなに素晴らしいプロダクト要求書を作成しても、どんなに貴重なインサイトを生み出しても、そのプロダクトが日の目を見なければ意味がないということです。

ゲームの初期の頃、私はすぐに挫折していました。私の自分への言い訳は(驚くべきことに、私はこれまでずっと、私の判断を信頼し、多くの自主性を与えてくれる上司のもとで働いてきたので、「自分への言い訳」という言葉が出てきたのです)、「でも、私は自分の仕事をしてきました...」 というものでした。プロダクト要求書を書き、顧客インタビューを行い、すべての技術的な議論を行い、あれもこれもやりました......しかし、実際にはプロダクトは出ていませんでした。

プロダクトマネージャーは、まさにショー全体の指揮者です。一部分だけを担当して、座って眺めているだけではダメなのです。

勝利するためには、本当に参加しなければならないのです。つまり、プロダクトマネージャーには、そこから先の人生で達成しなければならないことはないのです。エンジニアが行き詰まったときに助けてあげたり、素晴らしい体験をデザインするために十分な洞察を得たり、マーケティングやセールスが得意なことをよりよく行うためにプロダクトをよりよく理解できるようにプロダクトのチャンピオンになったりと、すべてのプロセスに立ち会わなければならないのです。基本的には、旅の途中のあらゆる未解決事項があなたのビットです。そして、あなたのビットは、「ビット」と呼ぶには十分な大きさです。

レッスン6:芸術家たるもの、自分のためにプロダクトを作るな!

私たちは、「みんな自分と同じ」というバイアスに陥ることがよくあります。世の中には、自分と同じタイプの人と、自分とは違うタイプの人の2種類の人間がいると思い込んでしまうのです。そして、自分と同じような人は、当然、自分と同じように考え、行動し、振る舞います。つまり、私がこの問題を抱えていれば、私と同じように考えている他の人たちも問題を抱えているということです。そして、この問題はとても大きく、とても広範囲にわたっているので、解決策が必要です。そして、その解決策が出た途端、「ほら、金を取れ!」と言われるのがオチです。このプロダクトが出るのを首を長くして待っていました」という声が聞こえてきそうです。

ただ、そんなことはありません。

哲学はさておき、上記の意味するところは、私たちの問題が大きすぎてビジネス価値がないという世界を信じ始めるということです。情熱を持って自分の問題を解決し始めると、トンネルを上って市場の大きさを測ることもしなくなります。周りを見渡して、自分が気づいていないような解決策が存在するかどうかを確認しません。そして、もしかしたら自分の仮説よりも良い仕事ができるかもしれません。

また、自分自身の問題であるため、その問題について自分がすべてを知っていると勘違いし、その問題が本当に存在するかどうかを他人から聞く必要はないと思いがちで、さらにトンネルの中に入ってしまいます。

自分のために商品を作るのはやめましょう。トンネルから出てきて、十分な調査をしてください。

  • あなたが直面している問題は、ビジネス価値を生み出すのに十分な数の人々が直面しているか?
  • その問題は、解決できるほど大きいのか
  • 解決策がすでに存在していて、その解決策が既存のものと比べてどのくらいの改善効果があるのか

余談:デジタル時代の歴史の中で最も成功したプロダクトの一つであるFacebookは、誰かが自分の痒いところを解決して生まれたものです。しかし、その痒いところに手が届くほどの市場があり、それは早く、早く確立されました。どこで線を引くかを知り、十分な調査を行いましょう。

レッスン7:打ち上げは祝うべきではない

告白します。私は何度も同じことを繰り返してきました。

何週間もかけて調査し、何週間もかけて実行し、何週間もかけて出荷の準備をする。そしてついに発売日を迎えましたが、私たちは一息つくべきではないでしょうか?お祝いするべきではありませんか?

もちろん、そうです。

ただ困ったことに、私たちの多くはこのお祝いをあまりにも真剣に考えすぎています。終わったと思ってしまうのです。幸せな生活が待っていると思ってしまうのです。

結婚生活と同じですね。しかし、実際には、結納の日からが本当の努力の始まりなのです。結婚と同じように、プロダクトとの本当の関係が試されるのは、現実の空間を共有し始めた日からです。つまり、アイデアはそれ以上のものではなく、時には形を持った実際のプロダクトなのです。

プロダクトが世に出れば、何ヶ月にもわたる研究と努力の本当の意味がわかるものです。あなたが最初に立てた解決策の仮説が、顧客層に受け入れられるかどうか。あなたが話したことが、銀行にお金をもたらすことになるのかどうか。ローンチは、実は重大な仕事の始まりなのです。

ですから、ローンチの成功を喜んでもいいのですが、喜ぶべきは、最初のお客様がプロダクトを使ってくれたとき、最初の小切手が銀行に振り込まれたとき、そして、さらに多くのお客様がプロダクトを使ってくれて、さらに多くの小切手が銀行に振り込まれたときなのです。

祝福すべき時は、仮説が成功し、プロダクトが市場に適合した時です。そして、顧客があなたのマーケティング担当者や営業担当者になった時が、お祝いの時です。

余談:お祝い事は良いことです。節目節目のお祝いもいいでしょう。しかし、お祝いの中でどのようなメッセージを伝えているのかを知っておきましょう。それが「達成したからもう終わり」なのか、それとも「新しい章に向けて乾杯」なのかを。

読者の皆さん、あなたの変わった、これまで知られていなかったプロダクトマネジメントの教訓をぜひ聞かせてください。以下のコメント欄で共有してください。また、今読んだ記事が気に入ったら、ぜひお勧めして、ネットワークで共有してください。


LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬