25分でわかるプロダクトマネジメントの20年

2 min read

この記事は、以下サイトの機械翻訳です。

https://www.mindtheproduct.com/20-years-product-management-25-minutes-dave-wascha/

https://vimeo.com/226973285

デイブ・ワッシャは、20年前にプロダクト・マネージャーとしてInternet Explorer 4.0の開発に携わりました。それ以来、彼はアメリカとヨーロッパを股にかけた歴史的なキャリアの中で、成功と失敗を繰り返してきました。Mind the Product San Franciscoで行われたこの楽しく洞察に満ちた講演で、彼はこの20年間を12の重要な教訓に集約しました。

お客様の声に耳を傾ける... 当たり前のことのように聞こえますが、実際にお客様の声に耳を傾けることは意外と少ないものです。私たちプロダクトマネージャーの仕事は、お客様の問題を徹底的に理解することですが、お客様の声に耳を傾け、理解しなければそれはできません。

...しかし、お客様の声を聞くべきではありません。 お客様の問題について耳を傾けるべきですが、解決策について耳を傾けるべきではありません。それは私たちの仕事です。

競合を見る... 競合が何をしているかは、お客様の問題をよりよく理解するための豊富な情報源です。競合他社が新製品や新機能を出荷するたびに、お客様がどのように反応するかを理解するための無料のユーザーテストが行われます。

...しかし、競争を見てはいけません。 競合他社が何をしているかを気にしすぎるのはやめましょう。テクノロジー業界では、新しい技術や機能に過度に興奮し、顧客の問題に対する最善の解決策ではないかもしれないにもかかわらず、競争相手に追随してピカピカの新しいものを作ってしまうことがよくあります。

泥棒になれ。 実際に何かを盗むわけではありませんが、他の人からアイデアをもらい、それを基にすることを恐れてはいけません。あなたの仕事は、最高のアイデアを出すことではなく、お客様のために最高のものを導入することなのです。

お金をもらう。 新機能や新製品を市場に投入する際、私たちはしばしば最も基本的な質問をすることを忘れてしまいます。「これは、お客様がお金を払ってくれるほど価値のあるものなのか?

お金をもらうことを心配するのはやめましょう。 私たちは製品の魂をビジネス化しています。お金をもらうことだけを考えていると、リスクを避けて、お客様の体験に焦点を当てずに少しずつ改善していく文化になってしまいます。顧客を惹きつけるには、明確なROIがないことが必要な場合もあります。

スピードアップ。 決断を先延ばしにするたびに、価値が失われていきます。意思決定を先延ばしにする理由はたくさんありますが、障害を取り除き、意思決定を確実に、しかも迅速に行うことが私たちの仕事です。

Noと言いましょう。 競合する優先事項や利害関係者が多数存在しますが、私たちの仕事は、その人々を幸せにすることではありません。お客様の問題を解決することです。もし営業があなたのところにやってきて、たった1人の顧客のために機能を求めてきたら、ノーと言うべきだ。もしCEOが彼のいとこから突飛な新しいアイデアを持ってきたら、ノーと言うべきだ。

ビジョナリーになってはいけない。 製品にはビジョナリーは必要ありません。お客様の問題を解決することに執着し、その問題を解決するために努力を惜しまないプロダクトマネージャーが必要なのです。

自分とお客様を混同してはいけません。 自分の視点で製品を見るのは簡単ですが、それはおそらく間違っています。お客様のことを本当に理解しようと努力してこそ、お客様の問題を解決することができるのです。

愚かであれ。 駆け出しの頃は、経験や知識に頼ることができませんが、それは必ずしも悪いことではありません。企業やプロダクトチームは、時間の経過とともにその中核となるミッションから離れていきますが、最高のプロダクトマネージャーは、お客様の視点で物事を見て、中心となるお客様の問題に焦点を戻すという「間抜けになる」能力を持っています。

この楽しい講演を見て、デイブのキャリアの中で蓄積された知恵を吸収し、あなた自身の教訓や、優れたプロダクトマネジメントの鍵となるものについて考えてみてください。


LINEで「海外プロダクトマネジメント情報を機械翻訳」の新着投稿を受け取れます📬