🎉

【JavaScript Primer】ループと反復処理

1 min read

JavaScript Primerより

ループと反復処理

while文

while 文、do while文は基本的に非推奨

JavaScriptにはより安全な反復処理の書き方があるため、while文は使う場面が限られています。
安易にwhile文を使うよりも、ほかの書き方で解決できないかを考えてからでも遅くはないでしょう。

配列のsomeメソッド

someメソッドは、配列の各要素をテストする処理をコールバック関数として受け取ります。

function isEven(num) {
    return num % 2 === 0;
}
const numbers = [1, 5, 10, 15, 20];
console.log(numbers.some(isEven)); // => true

配列のfilterメソッド

filterメソッドには、配列の各要素をテストする処理をコールバック関数として渡します。 コールバック関数がtrueを返した要素のみを集めた新しい配列を返します。

function isEven(num) {
    return num % 2 === 0;
}
const array = [1, 5, 10, 15, 20];
console.log(array.filter(isEven)); // => [10, 20]

for...in文

対象となるオブジェクトのみならず、親オブジェクトまで列挙可能なものがあるかを探索するため、意図しない挙動になる可能性がある

for...in文の利用は避け、Object.keysメソッドなどを使って配列として反復処理するなど別の方法を考えたほうがよいでしょう。

Discussion

ログインするとコメントできます