💵

ConohaVPSの料金体系(割引きっぷ)を理解してなくて後悔

2022/12/27に公開

短い記事ではありますが備忘録です。
先に書きますが悪いのは全部僕です。

ConohaVPSの料金

割引きっぷ

ConohaVPSには、「VPS割引きっぷ」というものがあります。

これは、所定の料金で購入した割引きっぷをサーバーに適用することで、きっぷの有効期限までサーバーを無料で利用できるというものです。
(電車の切符と同じです)

今回僕は、この制度を正しく理解せずに使っていました。

通常料金と割引きっぷの比較

通常料金 割引きっぷ期間
サーバー稼働状態での課金 通常料金 なし
サーバー停止状態での課金 通常料金 なし
サーバー削除後の課金 なし なし

つまり、割引きっぷというのはそれを適用している間、ずっと月の支払いがなくなるシステムなのです(まとめ払い)。

起こったこと

【重要】[ConoHa] ご利用のサービスを停止しました

🤯🤯🤯❗❗❓❓❗❓❗❓

経緯を説明します。

  1. 去年契約を開始。
  2. 契約時に VPS割引きっぷを適用した。
  3. 今年の夏頃VPSに用がなくなった。
  4. サーバーを削除せず停止(悪行①)。
  5. 今年の10月にVPS割引きっぷが切れた。
  6. しかし問題ないと思って放置(悪行②)。
  7. チャージ金額を使い切る。
  8. サーバー停止

悪行①

停止と削除の違いをよく考えてませんでした。
削除すればサーバーは使えなくなりますが、料金も発生することはありません。
しかし、停止しただけでは、料金は稼働時と同じように課金されます。

ここで停止という選択をしてしまい、のちに0円の利用明細を何度も目にすることになります。

ご利用料金: 0 円 (税込)

本来、利用明細が0円なのは、割引きっぷの効果です。
なのに、サーバーを停止して安心しきっていた僕は、
停止状態なら料金は発生しない!」と考えるようになりました。

悪行②

きっぷの有効期限通知を放置したのも、ひとえに停止と削除の違いを理解していなかったからです。

停止しているから0円なんだ、と思っていたので、割引効果が消えても問題はないと考えたんですね。

結果

割引きっぷの本来の効果である「有効期限内ではサーバーの料金が無料」が消えて、通常料金での課金が始まりました。

しかしこの半年間0円の利用明細に慣れきっていた私は、11月の利用明細を確認することをしませんでした。

結果、数百円で放置していたチャージ残高は底をつき、利用を続行することはできなくなりました。

まとめ

  • VPS割引きっぷの有効期間には気をつけましょう
    • 名前に割引とありますが、大事なのは、これは一定期間分を前払いするためのシステムだということです。
      • 単に長期利用だから割引されるシステムなんだ、という理解では危ない
  • サーバー停止状態でも課金はされる
    • きっぷの効果で明細が毎回0円だったため気づかなかった
    • しばらく使わない場合は削除しましょう
  • 日本語をちゃんと読みましょう
    • ごめんなさい

Discussion

ログインするとコメントできます