🦊

PawでTwitter APIを叩く

1 min read

30分前の自分のために、この記事を捧げます。

対象

  • OAuthに不慣れで、Pawを使ったことがない人

Twitter OAuthをpawで叩く

公式サイト記載のOAuth認証をpawで実行します。

https://developer.twitter.com/en/docs/authentication/guides/log-in-with-twitter#tab2

エンドポイントやパスはこちらにも記載されています。

https://developer.twitter.com/en/docs/authentication/api-reference/request_token

リクエストを以下のように設定します。

POST https://api.twitter.com/oauth/request_token

次に、Authタブをクリックし、OAuth1を選択、Twitterで取得した API Key と API Secret Key を Consumer Key, Consumer Secretにそれぞれ入力します。
Signature MethodはHMAC-SHA1に設定し、Callback URLにTwitterのAuthentication Settingsで登録したコールバックURLを登録します。

Authentication Settings

以上をセットし、リクエストを送ると、oauth_token, oauth_token_secret, oauth_callback_confirmed=trueが返ってきます。

post oauth

起きうるエラー

パラメーターという言葉に踊らされ、URL ParamsにCallback URLを設定すると、以下が返ってきます。

code: 215, message: Bad Authentication data.

心配性で念のため、URL ParamsとAuthの両方を設定していた場合は、以下が返ってきます。

code: 32, message: Could not authenticate you.

Discussion

ログインするとコメントできます