Manjaro Linux for Japanese Users: はじめの第一歩

1 min read読了の目安(約1700字

First step for Manjaro Linux for Japanese Users

at 2021-01-27

はじめの第一歩。これだけすれば、使えます。

Manjaro Linux Budgieをインストールしました。
コミュニティエディションのBudgieのインストーラーには日本語フォントが入っていませんでした。その場合、ネットに接続していれば、フォントのインストールで対応可能です。インストーラーを起動する前に、下記の1〜3を行うと日本語表示がされると思います。他のエディションでも、基本的に同じです。


インストール後に最初にすること。

1. パッケージの更新元ミラーサーバーを日本にする。

Make update servers geographically close to each other.

sudo pacman-mirrors --geoip
または
sudo pacman-mirrors -c Japan #country

2. パッケージデータベースの更新

Update package database.

sudo pacman -Sy
あるいは
sudo pacman -Syy

3. 日本語フォントのインストール

Installing Japanese Fonts

sudo pacman -S ipa-fonts noto-fonts-cjk

4. 日本語入力をインストール

Install Japanese input fcitx-mozc
.xprofileという設定ファイルにGUIで使う日本語入力のInputMethodを指定します。
昔の名残で、少し冗長ではありますが、いろんな環境で動くようにという配慮です。

sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-configtool fcitx-table-other fcitx-table-extra
cat - << EOF >> ~/.xprofile
export LANG="ja_JP.UTF-8"
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export XMODIFIER="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
EOF

wayland(GNOME)の場合

cat - << EOF >> ~/.pam_environment
GTK_IM_MODULE DEFAULT=fcitx
QT_IM_MODULE  DEFAULT=fcitx
XMODIFIERS    DEFAULT=\@im=fcitx
EOF

5. 絵文字フォントのインストール

I also love emoji.

sudo pacman -S noto-fonts-emoji unicode-emoji nodejs-emojione

6. タッチパネルでコンテキストメニューの開き方を、右側のシングルタップにする。

Adjusts how the context menu is opened on the touch screen.
Right click wont work on 18.04 より
タッチパネルでサブメニュー(コンテキストメニュー)を表示する操作を調整できます。

gsettings set org.gnome.desktop.peripherals.touchpad click-method areas

2本指でのタップに戻す場合

gsettings set org.gnome.desktop.peripherals.touchpad click-method fingers