🕶️

【コラム】フリーランスの7年間をふりかえる

2 min read


気づけばフリーランスのエンジニアとして働き始めて7年目に突入していました。
Zennというアウトプットを始めたのをきっかけに
フリーランスになった経緯をふりかえってみようと思います。
あくまで個人の主観なので僕の意見が普遍的に「正しい」とは思っていません。
注:画像のような生活は送っていません。

フリーランスとは

「組織に所属せず仕事に応じて契約を交わし働く人」という意味になるかと思います。

なんでフリーランスになったか

きっかけ

僕は元々、SESと受託開発の両方を行う中小企業のソフトハウスで会社員をしていました。
そこで10年弱程勤めたある日、転職を考えるようになりました。
きっかけはよくある理由で
給与面の不満や、今後の自分のキャリアを考えた結果です。
早速、エージェントに登録して転職活動をはじめました。
ご紹介頂いた企業の方と対面させて頂く中で魅力的な方も多くいらっしゃいました。

気づき

しかし、自分の中でなんだかしっくり来ない部分もありました。
それが何故なのか分からないまましばらく過ごしていたのですが、
ふとしたタイミングでSierで営業をしておられる方と話すことがあり、
その際に営業や契約の話になって気づいたことがありました。
それは「契約についてあまりにも自分が無知」なこと。
開発以外のことは何も分かってないんだなと痛感しました。

腹落ち

その時しっくり来ないもやもやの原因が分かった気がしました。
自分がなりたいのは、「エンジニアスキルのあるビジネスパーソン」だということに。
・・とカッコよく書いてみたけどつまりは自分で全部やってみたいということです(笑)
もちろんエンジニアとしてスキル活かして働くということに変わりはありません。
そこに、営業や契約、マーケティングなどの
別の領域にも踏み込んだ仕事に挑戦する道が見つかるのではないかと思い
フリーランスエンジニアとして生きることになりました。

フリーランスの生活

自分が世の中でフリーランスとして通用するのか、価値があるのか、まったく分からず、
なったばかりの頃は不安しかありませんでした。
最初はエージェント会社に営業を仲介してもらって案件を紹介して頂こうかと考えていましたが、
運良く知り合いの会社で案件を紹介頂けたのでそちらの案件で働くことにしました。
業務形態は会社員時代と同じSESです。
少しずつ不安も薄らいでいきました(今も常に不安はありますが、、)。
その案件に従事している間の1年間は、「繋がること」を意識して働いていました。
一緒に働いたり、紹介してもらったりで知り合う会社やフリーランスの人も増えました。
最初の案件が終わり、次の案件からは知り合った会社さんから仕事を発注頂くことになりました。
次の案件でも「繋がること」を意識して、
その次の案件でも..という流れの中今まで生きて来れました。
今では繋がりも幅も広がり、受託開発の紹介や人員の紹介、案件の紹介と
「人と会社を繋ぐ役割」も少しずつ増えてきたように思います。

今となってはおもしろかった思い出

フリーランスとして働く中で珍しい経験もあったのでいくつか書いてみます。

来週から2年間ミャンマー行ってこいよ事件

あるコンサルファームで仕事をさせて頂いていたことのことです。
偉い人が朝僕の肩をポンと叩いておっしゃりました。
僕は思います。
(うせやろ..本気か?)
もちろん断りました(政情不安定でしたし、そもそもいきなりだし..)

明日このソフトウェアの飛び込み営業行ってこいよ事件

一応契約はエンジニアとして締結してるはずなんだけど..?
経験だと思い行ってみましたが、成果はあがりませんでした(笑)
成果がでなかったからなのかその後は言われませんでした。

フリーランスと会社員ってどっちがいい?

どっちが良いとは言えないというのが僕の意見です。
フリーランスになって後悔はしていませんし、
周りの方々に支えられながら楽しく仕事ができています。
幸いまだフリーランス辞めたいと思うこともなく、感謝の日々です。
しかし、絶対にフリーランスのほうがいいよとも言えません。
会社には会社でしか成し得ないことやメリットもあります。
一例を挙げるなら、
仕事をする上での信用は圧倒的に会社のほうがあります。
フリーランスはその信用を築くところからがスタートです。関係築くまでは信用低いです。
会社としてなら受けられる仕事もフリーランスでは受けれないといったケースはままあります。

これから

ずっと老いるまで今の状態のままフリーランスで生きていく自信があるかと聞かれれば、
「ありません」と即答します(笑)
おそらく多くのフリーランスの方は最終的に以下の選択肢になると思います。

  • 起業する
  • 再就職する、スタートアップ企業に参画する
  • ビジネスの軸を複数見つけてフリーランスであり続ける

どれが良い選択とは一概に言えないと思いますし、
僕自身がまだ毎日模索している最中です。

最後に

フリーランスが増えていると聞く今日この頃。
フリーランスになるか悩んでいる人にとって
一人にでも参考になれば幸いです。

Discussion

ログインするとコメントできます