🕶️

DX(デジタルトランスフォーメーション)理解メモ

1 min read

概要

今までなんとなく「DX、DX」と会話で使ってきたけど
デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)について
一度定義を把握してDXの意味を正しく捉えてたい。

DXとは

もともとの概念定義

ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること。

2018年経済産業省が公表した定義

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、
顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、
業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

  • つまり、ITによりデータを活用することで新しい価値を生み出すのがDX
    • もう少し詳細に表現すると、
      IoT、ビッグデータ、機械学習、などデータドリブンな考え方でビジネスに取り組むこと、と理解。

経産省ガイドライン

https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

DXまでの道のり

世の中の様々な業務でDXを実現するまでには
そこに至るまでのいくつかプロセスがあるはず。
事前にどんなプロセスがあるのかを考えてみる。

①:デジタイゼーション

意味

アナログデータのデジタル化を指す。
個人が溜め込んでいる紙等のデータをどこからでもアクセスできるデジタルデータとする。

なんで?

データを活用するためには紙だと困る。
業務で蓄積されてきたアナログなデータをデジタル化するところから始めるはず。

②:デジタライゼーション

意味

データをビジネスプロセス上で活用できる状態にすること。

なんで?

データを「アナログ→デジタル」にしただけだと価値が薄い。
①でデジタル化したデータを活用できるようにしてビジネスプロセスを最適化する。

以下のような例が考えられる

  • 実は同じようなデータを作成していた作業を統廃合する。
  • ルーチン化している作業をRPAなどを利用することでコストを削減する。
  • DWHにデータを集約して管理する

③:デジタルトランスフォーメーション

①、②を経てのDX。
②で活用可能になったデータから得られる知見をビジネスに活用する。

  • BI(ビジネスインデリジェンス)や機械学習、IoT、5Gなどの技術を活用して
    今まで把握できていなかった新たな知見を得てビジネスを展開する。
    • 既存ビジネスの最適化の他に、新たなビジネスに参入する知見を
      データから得るというようなことも含まれる。

ざっくりサマリ

他の要素も含むだろうけど、DXを単的に捉えると

今までのレガシーシステムやレガシー業務を捨て去り、
効率化した業務から蓄積されるデータを元にデータドリブンなビジネスを行うということ。

と言えそう。

Discussion

ログインするとコメントできます