🕶️

【コラム】slackのハドルミーティング

2021/08/04に公開約1,100字

slackの会議機能として「ハドルミーティング」がリリースされましたね。
試しに使ってみたので使用感について少しだけですが書いてみようと思います。

https://slack.com/intl/ja-jp/help/articles/4402059015315-ライブ音声ディスカッションを行う新しい方法、Slack-ハドルミーティングについて

登場背景

今までslackには通話機能はありましたが、
TeamsやZoomのようなユーザ体験ができる機能とは少し異なりました。
そこでsalesforce社による買収完了後に登場したのがハドルミーティングです。
明らかにTeamsを意識したサービス展開だなと感じました。

利用するには

slackの有料版にて利用できます。

使ってみた感想

あくまで個人の感想です。

動作

PCの挙動が重くなるようなことはなく
わりと軽快に動作すると感じました。

参加の容易さ

チャンネル内でのミーティングは
ON/OFFのトグルボタンを切り替えるだけで参加、退出ができるので
とても簡単に会議への出入りができます。
一度抜けてもトグルボタンを再度ONにすればまた参加できます。
ここは他のミーティングツールと比較しても突出して楽だなと感じました。
もともとslackの同じワークスペース内で括られた特定のユーザ間でのやりとりが
前提にあるからこそのユーザビリティだと思います。

画面共有でのペン入れ

画面共有してミーティングする際は
共有者、被共有者ともにペンツールで画面に一時的なフリーハンド書き込みができるので
資料などの特定のポイントなどを指摘したり、伝える際のサポートとして便利ですね。

最後に

有料版のみの機能なのが残念ですが、
それだけ魅力のある機能だと感じました。
今まで適材適所でツールを選択していたコミュニケーションツールを
slackに集約しても事足りる状況が訪れるような期待感の片鱗が垣間見えた気がします。

Discussion

ログインするとコメントできます