🎉

Drupal をさくらのVPSにインストールする

1 min read

Drupalとは

WordPressと同様のwebページ作成・管理・運用を目的としたPHPによるOSS
リポジトリはこちら
WordPressに比べて記事が少ないためインストール方法に関する記事を作成

SakuraのVPSにSSHログインするところから先は自宅や他のサーバーにインストールするときも同じ手順で大丈夫です。

インストールに関する環境

  • Ubuntu20.0.8
  • apache2
  • PHP7
  • maliadb
  • Drupal ver 9.1.5

インストール手順

さくらVPSにsshでログイン

ssh <address> -l <user>

MariaDBをインストール

以下のコマンドをターミナルで実行します。

sudo apt-get -y install mariadb-server

sudo mysql -uroot -e "SET PASSWORD = PASSWORD('root'); FLUSH PRIVILEGES;"

mysql -uroot -proot -e "CREATE DATABASE drupal DEFAULT CHARACTER SET utf8;"

mysql -uroot -proot -e "CREATE USER drupal@localhost IDENTIFIED BY 'drupal';"

mysql -uroot -proot -e "GRANT ALL PRIVILEGES ON drupal.* TO 'drupal'@'localhost';"

mysql -uroot -proot -e "FLUSH PRIVILEGES;"

DrupalもWordPressも環境構築にデータベースが必要なためデータベースを作成しています。

apacheをインストール

sudo apt-get -y install apache2 \
  php7.4 \
  libapache2-mod-php7.4 \
  apache2 \
  php7.4-mbstring \
  php7.4-mysql \
  php7.4-gd \
  php7.4-curl \
  php7.4-dom

Drupalをインストール

2021年4月時点での最新の安定版をインストールしていますが、新しいverが出た場合それに合わせてPHPやApacheのverを変えてください。

wget https://ftp.drupal.org/files/projects/drupal-9.1.5.tar.gz

tar xvfz drupal-9.1.5.tar.gz

sudo mv drupal-9.1.5.tar.gz /opt/drupal

sudo chown -R www-data:www-data /opt/drupal

sudo ln -s /opt/drupal/ /var/www/html/

cat << EOF | sudo tee -a /etc/apache2/apache2.conf
<Directory /var/www/html>
  AllowOverride All
  RewriteEngine on
</Directory>
EOF

sudo a2enmod rewrite

sudo systemctl restart apache2

これにてターミナルでの操作は一旦終了です。

インストール後は

インストール先のサーバーにアクセスするとDrupalの初期設定画面がでてきます。
サイト名や管理者名などを設定するとwebページ完成です!
お好きなように記事を書きましょう!