😸

離散数学の学習用教材

2021/04/01に公開

コンピュータサイエンスの基礎となる数学について以下の項目の理解を試みましょう。

  • Basics (sets, binary relations, functions)
  • Complex numbers
  • Combinatorics
  • Graphs

以下3つ資料を提示します。

Mathematics for Computer Science

Lehman, E.; Leighton, F.T.; Meyer, A.R著

2018年春のもの: https://courses.csail.mit.edu/6.042/spring18/mcs.pdf
それ以前のもの: https://people.csail.mit.edu/meyer/mcs.pdf
読者に親しみのある文体ではないが、まず網羅的に書かれている。

https://www.amazon.com/Mathematics-Computer-Science-Eric-Lehman/dp/9888407066

Discrete Mathematics. Oxford University Press (Second edition)

読んだことがないのでわからないが、大学で薦められた教科書の一つ。

https://www.amazon.com/Discrete-Mathematics-2nd-Norman-Biggs/dp/0198507178

Notes on Discrete Mathematics

イェール大学のJames Aspnes先生の大学での講義用ノート。ボリュームがすごく、本の体裁をしている。個人的には読みやすい。

https://www.cs.yale.edu/homes/aspnes/classes/202/notes.pdf

Computer scienceに興味を持ち続けられている1つの理由は、peer pressureらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=F19PCgC9IZQ

Discussion

ログインするとコメントできます