😎

Laravelで個人開発に向いてるレンタルサーバ比較

2022/07/04に公開約900字

はじめまして!

普段Laravelで仕事をしたり、個人開発をしている現役エンジニアです!

その中で今回は普段個人開発をした後にサービスをリリースするためのレンタルサーバについて紹介します!

色々とレンタルサーバはありますが、どれが良いのかわからないですよね?

僕が使ったサーバや他のも含めて解説していきます!

Laravel個人開発にはそもそもVPSとクラウドどっちが良いの?

個人開発であればVPSが良いです!

クラウドだとAWSやGCPなどマネージドでかなり便利なものが多いですが、ぶっちゃけ個人開発レベルでは高すぎるのが現状です。

なので個人開発であれば絶対にVPSの方がおすすめです!

詳しくはこちらが参考になります!

https://technolog.jp/laravel-rental-server/

Laravelの個人開発で共用サーバは絶対に駄目

共用サーバとはロリポップなどの格安のサーバで一つのサーバを複数人で共用で使うため、自分でソフトウェアをインストールしたり、サーバの設定を変更することが出来ないです。

具体的なデメリットとしては

  • root権限がない
  • 自分でPHPをインストールできない
  • 故にPHPのバージョンを変えられない
  • Laravelもインストールできない
  • Dockerは使えない

と個人開発のサービスをリリースする上ではデメリットが多く、おそらくLaravelで作ったサービスを共用サーバでリリースすることは出来ない気がします。

なので共用サーバはやめましょう!

詳しくはこちらが参考になります!

https://technolog.jp/laravel-rental-server/

Laravelで個人開発に向いているレンタルサーバ

個人開発に向いているサーバはズバリVPSになります。

具体的なレンタルサーバの種類はこちらの記事に移行したのでこちらを参考にしてください!

https://technolog.jp/laravel-rental-server/

Discussion

ログインするとコメントできます