WordPress オプションテーブルの活用 - 後から設定変更しやすくする小ネタ

1 min read読了の目安(約800字

WordPress でカスタマイズするときの小ネタです。PHPの基礎は習得済みの想定です。(PHPの基礎が未習の方は、WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]で学習願います。)

私は

  • まず動くコードを作る
  • 必要に応じて、後から設定オプションなどを追加する

といった形でコードを書くことが多いです。その時に役立つのが、オプションテーブルです。

例: メール通知機能

何かの動作(記事を公開する、記事をレビュー待ちにする、コメントの書き込みがある、など)の時に、メール通知するような場合です。
この場合、私は、まず仮メールアドレスを指定しておく -> メールアドレスを変更可能にする、といった手順でコードを書いていきます。

get_option()を活用する

get_option()は、WPのデータベースのオプションテーブルから値を取ってくる関数です。
get_option()は、第一引数(必須)がオプション名です。そして、第二引数(任意)に初期値を設定しておくことができます。

これを活用して、

$mailaddress = get_option( 'notify_newpost', 'example@example.com' );

↑のように記述しておきます。

こうすると、$mailaddressにはexample@example.comが指定されます。

もし、このメールアドレスを変える必要が生じたら、WordPressのデータベースのオプションテーブルで、新しいメールアドレスを指定すれば、そのアドレスに書き換えることができます。

※説明簡略化のためオプション名はnotify_newpostとしていますが、実際に運用する際は、オリジナルな接頭辞を付けるなどして、オプション名が被らないよう配慮することが好ましいです。