🎉

windowsでのPHYチップの確認方法

2022/11/09に公開約600字

NICに搭載されているPHYチップに対応した
ドライバーをとってくることにより、OSはそのNICを操作することができます。

Linuxだと、たいていのNICでちゃんと動きますが、
windowsやBSDだとちゃんと動くかわかりません。

そのためにあらかじめPHYチップを調べましょう。

windowsではpowershellで下記のように実行すると、
InterfaceDescriptionに書かれていることがあります。

Get-Netadapter -Physical

これでもわからなければ下記のように実行してPNPデバイスに
それに近いチップが無いか確認してください。

自分の場合はServiceのプロパティにBCM43XXと書かれていました。

$interfaceDescription = Get-Netadapter -Physical | Select-Object -ExpandProperty InterfaceDescription
Get-PnpDevice -Class Net | ?{$_.FriendlyName -eq $interfaceDescription } | Format-List *

これでもわからなかったり、しっかりした情報が欲しいなら、

Ubuntuのライブusbを接続して、そこからlscpiコマンドを実行して
PHYチップを調べることができます。

wslからだとlspciでもわかりません。
こういうところ本当にwindows...

Discussion

ログインするとコメントできます