🍣

suseのbootstrap

2022/10/17に公開約2,100字

suseのbootstrapの方法がネットで探しても英語でさえあまり情報が無いので、
ここに書く。

dnfとzypperでやる方法があり、
できればzypperの方がsuseとの相性がよくてトラブルが無いだろう。

zypperはdebianやubuntu, archlinuxでインストールする事ができる。

rhel系はfedoraのレポジトリにあるzypperを使うか、dnfを使おう。

仮想環境へのディレクトリにインストール

chroot先やsystemd-nspawnするディレクトリにインストールしよう。
ここではsystemd-nspawnで書いていくので、chrootの人は置き換えて
理解してください。

dnfでやる場合

下のようにyumのレポジトリを追加する。
gpgcheck=0とするのは、
gpgkeyがopensuseの場合はバージョンごとに名前が
違うので、それに合わせて書くことができないからである。
15.4などバージョンを決め打つなら、gpgcheckをしても良い。

/etc/yum.repos.d/opensuse-leap.repo
[opensuse-leap]
name=OpenSUSE Leap $releasever
baseurl=https://download.opensuse.org/distribution/leap/$releasever/repo/oss/
gpgcheck=0
ARCH=amd64
version=15.4
# repoにyum.repoに設定したレポジトリ名(例[opensuse-leap])を使う。
dnf install --installroot=/var/lib/machines/opensuse --repo=opensuse-leap --releasever=$version rpm-repos-openSUSE-Leap systemd systemd-network bash zypper util-linux

zypperでやる場合

まずホストOS側でzypperに使いたいOSのレポジトリを追加しよう。
今回はOpensuse の15.4を使いたいので下のようになる。

zypper ar -f -c http://download.opensuse.org/distribution/leap/15.4/repo/oss opensuse-leap-15.4
zypper --installroot /var/lib/machines/opensuse/ in rpm-repos-openSUSE-Leap systemd systemd-network bash zypper util-linux

仮想環境の起動

chrootやsystemd-nspawnを使って起動させよう。

仮想環境に入った後の処理

ネットワークの設定

systemd-nspawnを使っている場合はsystemdが動くので下のように設定しておく。

sudo systemctl start systemd-networkd
sudo systemctl enable systemd-networkd
sudo systemctl start systemd-resolved
sudo systemctl enable systemd-resolved

レポジトリの追加

仮想環境に入ったら下のようにレポジトリを追加しておく。

zypper ar -f -c 'http://download.opensuse.org/distribution/leap/$releasever/repo/oss' repo-oss
zypper ar -f -c 'http://download.opensuse.org/distribution/leap/$releasever/repo/non-oss' repo-non-oss
zypper ar -f -c 'http://download.opensuse.org/update/leap/$releasever/oss' repo-oss-update
zypper ar -f -c 'http://download.opensuse.org/update/leap/$releasever/non-oss' repo-non-oss-update

localeの設定

最小限のインストールだとロケールが入っていないのでログイン時にエラーが出るため、
仮想環境に入ったら設定しておく。

zypper in -y glibc-i18ndata glibc-locale
localectl set-locale LANG=en_US.UTF-8

Discussion

ログインするとコメントできます