📝

wingetのビルド

2022/09/28に公開約1,600字

準備

visual studio必須。
VC++14対応のvisual studio2022となっています。

GUIで作業する場合は
AppInstallerCLI.slnを開けばよい。

extension

.vdprojを開くためにMicrosoft Visual Studio Installer Projects 2022が必要です。
ダウンロードからクリックでvisual studioにインストールされます。

cuiからビルド

一応Visual studioからビルド推奨とありますが、
文字コードの問題でcuiからやった方がよいと思います。
GUIのやり方わからん...

そして、Visual studioから編集しないといけないやつだけ、
visual studioを使うといい感じ。

文字コード

ビルド時に文字コードでエラーが出る。
MSBuild.exeに文字コードのフラグが無いため、
これを直すには文字コードを永続化させる必要がある。

下のようにプロファイルに初期設定を書いておくとよい。
必要が無くなったら消すという運用でよい。

echo "chcp 65001" >> $Profile
echo "[Console]::OutputEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding('utf-8')" >> $profile

ビルド



# それぞれ引数に/rをつけるとrestoreも同時にやってくれる。
# 警告をいじりたいときは下のように行う。WarningLevel=3がデフォルト
# /p:WarningLevel=2

# ビルド(差分ビルド)
& 'C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Community\MSBuild\Current\Bin\MSBuild.exe' .\src\AppInstallerCLI.sln "/t:build" "/p:Configuration=Debug;Platform=x64"


# プロジェクトまで指定する場合。
& 'C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Community\Common7\IDE\devenv.exe' /build Debug .\src\AppInstallerCLI.sln  /project projectname

# リビルド
& 'C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Community\MSBuild\Current\Bin\MSBuild.exe' .\src\AppInstallerCLI.sln "/t:rebuild" "/p:Configuration=Debug;Platform=x64"

# clearn
& 'C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\Community\MSBuild\Current\Bin\MSBuild.exe' .\src\AppInstallerCLI.sln "/t:clean" "/p:Configuration=Debug;Platform=x64"

Debug の対象を
AppInstallerCLIPackage

Discussion

ログインするとコメントできます