🐈

Next.js(TS) + next-authでCognito認証をする方法【2022/08】

2022/08/03に公開約5,600字

目的

  • Next.js(TS) + next-authを使用してCognito認証を実装する。
  • 最近の仕様やGUIで、初心者向け公開されている記事がなかった為、執筆

    最近next-authのプロパティ名や、Cognito周りのGUIが変わっている。

想定読者

  • 初心者
  • まずはNext.js + Cognitoで認証したい人
    (Next.js自体の構築は、本記事では触れません。)

注意事項

  • ここでの設定のみでは、セキュリティー的に危険な可能性があります。
    自己判断自己責任にてお願いいたします。
  • 記載されている内容で実施できない場合、仕様が変更されている可能性があります。

    公式ドキュメントを確認してください。

実施方法

AWS Cognitoの手順

  1. Cognito画面を開きます。
    "Cognito画面への遷移"

  2. GUIを最新版にする。
    下記画面のような表示ではない場合、新しいコンソールに切り替えてください。
    (画面内に切り替え用のリンクが表示されているはずです。)
    "コンソールの確認"

  3. 「ユーザープールを作成」を実行

  4. サインインエクスペリエンスを設定
    "サインインエクスペリエンスの設定"

    • プロバイダーのタイプ: Cognitoユーザープール
    • Cognito ユーザープールのサインインオプション : Eメール
  5. セキュリティ要件を設定
    "セキュリティ要件を設定"

    • パスワードポリシー: Cognitoのデフォルト
    • 多要素認証 : MFAなし
    • ユーザーアカウントの復旧 : とりあえず試したいだけの場合、なんでも良いです
  6. サインアップエクスペリエンスを設定
    "サインアップエクスペリエンスを設定"

    • 必須の属性: nicknameを選択
       emailはサインインオプションとなっている為、不要
    • 他の項目はそのままでOK
  7. メッセージ配信を設定
    "メッセージ配信を設定"

    • E メールプロバイダー : Cognito で E メールを送信
    • 送信元 E メールアドレス : (デフォルトのまま) no-reply@verificationemail.com
    • 返信先 E メールアドレス : 未指定もしくはご自身のメールアドレス
  8. アプリケーションを統合

    • ユーザープール名: 任意のプール名を入力

"ホストの設定"
* ホストされた認証ページ : Cognito のホストされた UI を使用
* ドメインタイプ : Cognito ドメインを使用する
* Cognito ドメイン : https://{任意のドメイン}


"アプリケーションクライアント"
* アプリケーションタイプ : 秘密クライアント
* アプリケーションクライアント名 : 任意のクライアント名
* クライアントのシークレット : クライアントのシークレットを生成する
* 許可されているコールバック URL : http://localhost:3000/api/auth/callback/cognito


"高度なアプリケーションクライアントの設定"
* IDプロバイダー : Cognitoユーザープール
* OAuth 2.0 権限タイプ : 認証コード付与
* OpenID 接続スコープ : OpenId Eメール プロファイル

  1. 確認して → ユーザープールを作成

Next.js(next-auth)の手順

  1. next-authをインストールする

    npm install next-auth

  2. pages/auth/[...nextauth].ts を作成する

import NextAuth from 'next-auth';
import CognitoProvider from "next-auth/providers/cognito"

export default NextAuth({
  providers: [
    CognitoProvider({
      clientId: '画像1参照',
      clientSecret: '画像1参照',
      issuer: '画像3参照'
    })
  ]
})
  1. 「2.」で作成したファイルのそれぞれの設定値を確認する: clientId, clientSecret

    1. AWS→Cognito→ユーザープールで先ほど作成したユーザープールを選択
    2. 「アプリケーションの統合」を選択
    3. 「アプリクライアントと分析」に1アプリリンクが表示されている為、選択
      "クライアント表示"
    4. 転記する
      • クライアントID : clientId
      • クライアントのシークレット : clientSecret
        "クライアントIDとクライアントシークレット"
  2. 「2.」で作成したファイルのそれぞれの設定値を確認する: issuer

    1. 下記設定値がベースとなる。「Region」と「user pool Id」を調べる
      https://cognito-idp.{Region}.amazonaws.com/{user pool Id}

    2. Regionを調べる
      AWSコンソールの画面右上に地域が表示されているのでクリック。現在表示されているリージョンのIdが表示されます。
      この場合「ap-northeast-1」となります。
      "リージョン表示"

    3. user pool Idを調べる
        Cognito→ユーザープール→作成したユーザープールを選択
      「ユーザープール ID」が記載されています。
      "user pool id 表示"

    4. urlを組み立ててissuerに転記する。
      例) ※user pool idがhogeだった場合
      https://cognito-idp.ap-northeast-1.amazonaws.com/hoge

  3. signIn呼び出し部分の作成
    適当なpageを作成して、下記をコピー

import { useSession, signIn, signOut } from "next-auth/react"
import React from "react"

export default function Component() {
  const { data: session, status } = useSession()
  
  if (session) {
    return (
      <>
        Signed in as {session.user?.email} <br />
        <button onClick={() => signOut()}>Sign out</button>
      </>
    )
  }
  return (
    <>
      Not signed in <br />
      <button onClick={() => signIn()}>Sign in</button>
    </>
  )
}
  1. 実行確認

    1. 起動してsignIn処理を描いたページへ
      "signIn 1"

    2. signUpする
      "signIn 2"
      "signIn 3"
      "signIn 4"

    3. 確認コードが入力したメールアドレスに届いている為、入力して「Confirm Account」を実行
      "signIn 5"

    4. signIn済みになったら成功です!!
      "signIn 6"

    5. user pool上からもユーザーが追加できたことを確認できます。
      "signIn 6"

追加作業

このままでは、pages/auth/[...nextauth].tsにセキュアな情報が記載されており、GitHubなどに上げることが出来ません。

ここまで長くてお疲れかと思いますが、もう一息頑張りましょう。

  1. アプリケーションのルートに.env.localを作成
  2. 現在pages/auth/[...nextauth].tsに記載されているセキュアな情報を環境変数として定義。
COGNITO_CLIENT_ID=
COGNITO_CLIENT_SECRET=
COGNITO_ISSUER=
  1. pages/auth/[...nextauth].tsに記載されているセキュアな情報を環境変数に置き換える。
import NextAuth from 'next-auth';
import CognitoProvider from "next-auth/providers/cognito"

export default NextAuth({
  providers: [
    CognitoProvider({
      clientId: process.env.COGNITO_CLIENT_ID || '' ,
      clientSecret: process.env.COGNITO_CLIENT_SECRET || '',
      issuer: process.env.COGNITO_ISSUER 
    })
  ]
})

※ TypeScriptを有効にしている場合、型定義を通す必要がある為、 || '' として対応している。

参考

公式系

Zenn記事

Qiita記事

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます