🕌

AWS Lambdaの構築はTerraformではなく、SAMで!

2023/02/26に公開

LambdaはSAMで

タイトルの通りですが、LambdaはSAMで!ということです。
Terraformでの構築は自分的には好きではありません。

なぜ?

Lambdaは関数リソース作成時に、関数コードが必要となるからです。

通常は、

  1. Terraformでのリソースの構築
  2. CI/CDでの継続的デプロイ

となるべきですが、Lambdaは1の段階で関数コードを指定する必要があります。
そのため、CI/CDでの継続的デプロイが困難です。

やろうと思えば、Terraformでの構築後に、Lambdaの関数コードを更新することは可能ですが、そこまでやる必要があるのか?という疑問があります。

さらには、IaC(IaC: Infrastructure as Code)の考え方に反するとも言えます。
これは、Terraformによってインフラ以外のコードを管理することになるためです。

SAMでの構築

SAMは、AWSが提供している、LambdaのIaCツールです。
しかしながら、SAMはTerraformとは異なり、AWSのサービスに特化したツールで、かつリソースの構築だけでなく、CI/CDの構築も容易です。

自分的にはクラウドプロバイダ間の差異を吸収してくれるTerraformが好きですが、Lambdaに関してはSAMを使うべきだと思います。

補足

LambdaはLambda単体で使用することは少なく、他のAWSサービスと組み合わせて使用することが多いです。
その場合には、Terraformでの構築は非常に有用だと思います。


AzureではAzure Functionsを使うことが多いのですが、Azure FunctionsはTerraformでの構築が可能です。
これは、Azure Functionsは関数コードを指定する必要がないためです。

関数アプリと呼ばれる関数のコンテナリソースをTerraformで構築し、その中に関数を登録するという形になります。
したがって、リソース構築時に関数コードを指定する必要がないため、IaCとしてのTerraformの考え方に沿っています。
また、このように構築しても、CI/CDでの継続的デプロイが可能です。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます