😽

Postmanの基本的な使い方

2022/12/28に公開約1,100字

Postmanインストール

下記サイトよりPostmanをインストールする。
https://www.postman.com/

GitHub repoをローカルに落とす

Postmanの使い方を学ぶため、下記GitHubのrepositoryを使用する。
https://github.com/yxo5017/cd0039-Identity-and-Access-Management/tree/master/lesson-1-Foundation/FlaskRecap

ローカルの環境構築

ローカルに落としたら、Readmeに記載の通り下記操作を実行する。

  • Install Dependencies
    • Run pip install -r requirements.txt to install any dependencies.
  • Run the Server
    • On first run, execute export FLASK_APP=FlaskRecap.py. Then run flask run --reload to run the developer server.

そうすると、127.0.0.1:5000でアプリが実行される。

GETメソッド

メソッドをGETで指定し、http://127.0.0.1:5000/greeting にリクエストを送ると、下記レスポンスを確認できる。

Postメソッド

メソッドをPOSTで指定し、http://127.0.0.1:5000/greeting に対し、下記リクエストを送る。リクエストを送る際は、rawでjsonを指定する。そうすると、下記レスポンスを確認できる。

再びメソッドをGETで指定し、http://127.0.0.1:5000/greeting にリクエストを送ると、先ほどのPostリクエストが実行されたことを確認できる。

Discussion

ログインするとコメントできます