🗝️

Linuxでhttpsでgitするときにtokenをわからせる方法

1 min read 2

Linux (当方Arch) で git push でgithubなどに上げる際、
大本営からは sshよりhttpsが推奨されているので そのとおりやっているが
いかんせんLinuxくんは覚えが悪いのでTokenを覚えてくれない。
ので、必要のない起き攻め昇竜で"わからせる"

環境

  • ArchLinux
  • GNOME Keyring

方針

gitくんでは credential helper なるものを使用してやると、わからせられるようである

今回件のhelperには GNOME Keyring libsecret をつかってみることにする

追記: コメントで情報を頂いたが、Archのwiki原文では libsecretを用いるよう書いてあるため、そちらに合わせて修正する

手順

https://wiki.archlinux.jp/index.php/GNOME_Keyring#GNOME_Keyring_.E3.81.A8_Git

https://wiki.archlinux.org/index.php/GNOME/Keyring#Git_integration

上記手順に沿っていく

GNOME Keyringをインストール

公式リポジトリからlibsecretとGNOME Keyringをインストール

$ sudo pacman -S libsecret gnome-keyring

git configで設定

$ git config --global credential.helper /usr/lib/git-core/git-credential-libsecret

使えるか確認

任意のremoteをhttpsで指定しているリポジトリでpush

Discussion

英語Wikiで出てきますがlibsecretに変更するよう推奨されています

libsecretだけではキーリングに鍵がかかっているときに開けれないのでorg.freedesktop.secrets(今回はgnome-keyring)をインストールします

sudo pacman -S libsecret gnome-keyring
git config --global credential.helper /usr/lib/git-core/git-credential-libsecret

情報ありがとうございます!!!
修正させていただきますね 🙇

ログインするとコメントできます