プロジェクトごとのエディタの設定を一つの設定でいい感じにgitignoreする方法

1 min read読了の目安(約600字

自分は vscode を普段よく使うので、vscode で説明します。

vscode は各プロジェクトごとのエディタの設定を.vscode/settings.jsonに記述します。
ただ、この設定ファイルは複数人で作業を行うプロジェクトだと、commit しづらいし、.gitignore に書くのも気が引けます。
なので、わたしの場合は .gitignore_global.vscode/ を設定しています。

設定方法

mac と linux(WSL) の設定方法を紹介します。

ホームディレクトリにある .gitconfig を開きます。(なければ作成)
そこに、excludesfile を設定します。
mac の場合だとデフォルトで入っています。

$ vim ~/.gitconfig
// 以下の記述があるか確認、なければ追記
[core]
	excludesfile = ~/.gitignore_global

その後、.gitignore_global.gitignore と同様の形式で記述すると、グローバルで gitignore されます。
これで他の人に迷惑をかけずにプロジェクトごとの設定を行えます。

注意点

一点注意が必要です。

グローバルの ignore は意図しない挙動になる可能性があります。
なので、使用する際はある程度自己責任でお願いします。
少なくともグローバルで ignore するファイルは1、2個くらいに抑えた置いた方がしたほうがいいと思います。