GitHub Actions を使って Re:VIEW Starter の PDF をビルドする

1 min read読了の目安(約1100字

技術書を Re:VIEW で執筆するのに、Re:VIEW Starter を利用させていただいています。
その Re:VIEW Starter を GitHub Actions で PDF のビルドしてみました。
workflow は以下のようにしています。

.github/workflows/build.yaml
name: CI

on: [pull_request]

jobs:
  build:
    name: build review pdf
    runs-on: ubuntu-latest
    container: docker://kauplan/review2.5

    steps:
    - uses: actions/checkout@master
    - name: build pdf
      run: rake pdf
    - uses: actions/upload-artifact@master
      with:
        name: build-pdf
        path: ./<PDFの名前>.pdf

PR ベースでビルドしたいので on: [pull_request] にしています。
ここは利用用途によって調節していいと思います。

ビルドするのに kauplan/review2.5 コンテナを使用します。
Re:VIEW Starter はこのコンテナでビルドする必要があります。(フォントデータなどの関係で vvakame/review はビルドがうまくいきません)
docker を使用する際はベースのOSは ubuntu でないといけないので注意してください。

rake pdf で生成した PDF を artifact にアップロードします。
アップロードした PDF は PR の check タブや workflow からダウンロードできます。

素のままだとビルド時間は2分くらいなのでそこまで時間はかからないようです。
いちいち自分のローカルに docker のイメージを入れる必要がなく pdf のビルドが出来て非常に便利ですね!