🔀

AssertJでリストや配列の中身をチェックするアサーションのまとめ

2022/01/15に公開約6,800字

はじめに

AssertJ はJVM系言語向けのアサーションライブラリです。AssertJでIterableやArrayを比較する場合、通常の assertThat(actual).isEqualTo(expected) の形式でも比較できますが、状況によっては専用のアサーションメソッドを利用した方が便利なこともあります。

IterableやArray用のアサーションについては、ドキュメントの 2.5.11. Iterable and array assertions に記述があります。なかでも、リストや配列の中身をチェックするためのアサーションメソッドは、次の箇所にまとめられています。

https://assertj.github.io/doc/#assertj-core-group-assertions

ただ、メソッド名から正確な挙動を推測するのは難しく、それぞれの違いに頭を悩ませることがあるので、改めて整理してみます。

対象範囲

この記事では、上記のリンク先の表に書かれている次のメソッドとその変種、および isEqualTo を対象にします。

ドキュメントの2.5.11に書かれている、これ以降のコンテンツ(Satisy, Match, Navigating, Filtering, Exracting, Mapping, Comparatorなど)は対象外です。

検証した環境は次のとおりです。

  • OpenJDK Runtime Environment Temurin-17.0.1+12
  • Kotlin 1.6.10
  • AssertJ 3.22.0

アサーションの系統図

リストや配列の中身をチェックするためのアサーションの系統図を作ってみました。上のものほど比較が緩く、下に行くほど厳密な比較になります。図中の actualexpected はそれぞれ assertThat(actual).メソッド(expected) に入る値です。

緑色のメソッドは、対応する黄色のメソッドの変種で、expectedに複数の引数で要素を指定する代わりに、expectedをIterableにしたものです。

アサーションの系統図

系統図の左から2列目にあるメソッドを詳しく比較すると次の表のようになります。下に行くほど厳密な比較になっていることがわかると思います。

メソッド expectedの要素が多い expectedの要素が少ない 重複した要素をexpectedに1つだけ指定 expectedと順序が違う
containsAnyOf OK OK OK OK
contains NG OK OK OK
containsOnly NG NG OK OK
containsExactlyInAnyOrder NG NG NG OK
containsExactly NG NG NG NG

系統図の一番左側の列を比較すると次のようになります。こちらも下に行くほど厳密な比較になっています。

メソッド expectedと順序が違う expectedの要素間に別の値がある expectedの方が少ない 重複した要素をexpectedに1つだけ指定
contains OK OK OK OK
containsSubsequence NG OK OK OK
containsSequence NG NG OK OK
containsExactly NG NG NG NG

実際のコードによる比較

実際のコードを見た方がわかりやすい場合もあるので、それぞれの違いがわかるようなテストケースを作成しました。Kotlinで記述しています。コメントアウトしていないアサーションはすべて成功し、コメントアウトしてあるアサーションはすべて失敗します。

import org.assertj.core.api.Assertions.assertThat
import org.junit.jupiter.api.Test

class IterableTest {
    private val list = listOf(0, 1, 1, 2, 3, 5)

    @Test
    fun testContainsAnyOf() {
        assertThat(list)
            .containsAnyOf(1)
            .containsAnyOf(4, 3, 2)
            //.containsAnyOf(4) // fail
            .containsAnyElementsOf(listOf(4, 3, 2))
            .doesNotContainAnyElementsOf(listOf(4, 6))
    }

    @Test
    fun testContains() {
        assertThat(list)
            .contains(1)
            .contains(5, 3, 2)
            //.contains(4, 3, 2) // fail
            .doesNotContain(4, 6)
            .doesNotContainAnyElementsOf(listOf(4, 6))
    }

    @Test
    fun testContainsOnly() {
        assertThat(list)
            .containsOnly(5, 3, 2, 1, 0)
            //.containsOnly(5, 3, 2) // fail
    }

    @Test
    fun testContainsExactlyInAnyOrder() {
        assertThat(list)
            .containsExactlyInAnyOrder(5, 3, 2, 1, 1, 0)
            //.containsExactlyInAnyOrder(5, 3, 2, 1, 0) // fail
            .containsExactlyInAnyOrderElementsOf(listOf(5, 3, 2, 1, 1, 0))
    }

    @Test
    fun testContainsExactly() {
        assertThat(list)
            .containsExactly(0, 1, 1, 2, 3, 5)
            //.containsExactly(5, 3, 2, 1, 1, 0) // fail
            .containsExactlyElementsOf(listOf(0, 1, 1, 2, 3, 5))
    }

    @Test
    fun testIsEqualTo() {
        assertThat(list)
            .isEqualTo(listOf(0, 1, 1, 2, 3, 5))
            //.isEqualTo(arrayOf(0, 1, 1, 2, 3, 5)) // fail
    }

    @Test
    fun testContainsSubsequence() {
        assertThat(list)
            .containsSubsequence(1, 1, 2, 5)
            //.containsSubsequence(3, 2, 1) // fail
            .doesNotContainSequence(3, 2, 1)
    }

    @Test
    fun testContainsSequence() {
        assertThat(list)
            .containsSequence(1, 1, 2, 3)
            //.containsSequence(1, 1, 2, 5) // fail
            .doesNotContainSequence(3, 2, 1)
    }

    @Test
    fun testContainsOnlyOnce() {
        assertThat(list)
            .containsOnlyOnce(0, 2, 3)
            //.containsOnlyOnce(1) // fail
            .containsOnlyOnceElementsOf(listOf(0, 2, 3))
    }
}

ソースコード全体は以下のリポジトリに置いてあります。

https://github.com/orangain/assertj-iterable-assertions

まとめ

AssertJのリストや配列の中身をチェックするアサーションを整理してみました。個人的によく使うのは、順序を気にせず比較する containsExactlyInAnyOrder と、そのexpectedをIterableにした containsExactlyInAnyOrderElementsOf です。

これらよりも緩く比較したい場面はあまり多くなく、順序が決まっている場合は containsExactlycontainsExactlyElementsOf よりも、 isEqualTo を使うことが多いです。

Discussion

ログインするとコメントできます