🔥

Ethereumのアプリケーション・エコシステムのどこに魅力を感じるか

2023/01/04に公開約20,500字

※この記事は、Ethereum創業者のVitalik buterin氏のblog postを日本語訳したものです。原文は文末の引用元をご確認ください

Matt Huang、Santi Siri、Tina Zhenのフィードバックとレビューに特別な感謝を捧げます。

10年前、5年前、あるいは2年前、イーサリアムとブロックチェーンが世界に何をもたらすかについての私の意見は、非常に抽象的なものでした。"これはC++のような汎用的な技術だ "と言ったものです。もちろん、分散化、オープン性、検閲への耐性といった特定の特性はありますが、それ以上に、具体的にどのアプリケーションが最も意味を持つかを語るには早すぎました。

今日の世界は、もはやそのような世界ではありません。もし何かが成功すれば、それはおそらくブログやフォーラム、カンファレンスですでに何度も議論されたことのある何らかのバージョンになるでしょう。また、この分野の根本的な限界の特定にも近づいてきました。多くのDAOは、不便さや手数料にもかかわらず参加しようとする熱狂的な観客のもとで公平にチャンスを得てきましたが、その多くが不調に終わっています。産業サプライチェーンのアプリケーションは何も達成していません。ブロックチェーン上の非中央集権的なアマゾンは実現していません。しかし、この世界では、人々の真のニーズを満たすいくつかの重要なアプリケーションの採用が本格的に進んでおり、私たちが注目すべきはこれらのアプリケーションなのです。

私のイーサリアムに対する興奮は、もはや未知の未知の可能性ではなく、すでに証明され、さらに強力になりつつあるいくつかの特定のアプリケーションのカテゴリーに基づいているのです。これらのアプリケーションとは何か、そしてどのアプリケーションについて私はもはや楽観視していないのか。それが、この記事の主題です。

1. お金:最初の今も最も重要なアプリ

昨年12月に初めてアルゼンチンを訪れたとき、よく覚えている体験は、ほとんどすべてが閉まっているクリスマスの日に、コーヒーショップを探して歩いたことです。5件ほど閉まった店を通り過ぎた後、ようやく開いている店を見つけた。店内に入ると、店主は私に気付き、すぐにBinanceの口座にETHなどの暗号資産を持っていることを見せてくれました。私たちはお茶とお菓子を注文し、ETHで支払うことができるかどうか尋ねました。コーヒーショップのオーナーはそれを承諾し、彼のBinanceの入金先アドレスのQRコードを私に見せ、私は自分の携帯電話のStatusウォレットから約20ドルのETHを送金しました。

これは、この国で行われている暗号通貨の最も有意義な使い方とは程遠いものでした。他の人たちは、お金を貯めるため、国際送金をするため、大きな重要な取引の支払いをするため、などなど、いろいろな使い方をされています。しかし、それでも、私がランダムに見つけたコーヒーショップが、たまたま暗号通貨を受け入れていたという事実は、採用の範囲の広さを示していました。金融取引が容易で、8%のインフレが極端とされる米国のような富裕国とは異なり、アルゼンチンをはじめとする世界の多くでは、グローバルな金融システムとのつながりはより限定的で、極端なインフレが日々現実のものとなっています。クリプトカレンシーが命綱として機能することも多いです。

図解1

Binanceだけでなく、現地の取引所も増えてきており、空港などいたるところで取引所の広告を見かけます。

私のコーヒー取引に関する問題は、それが現実的に意味を成さなかったということです。手数料が高く、取引額の3分の1ほどでした。取引の確認には数分かかりました。当時は、より確実に素早く確認できる適切なEIP-1559トランザクションの送信をまだサポートしていなかったのだと思います。もし、他の多くのアルゼンチンの暗号ユーザーと同じように、私が単にBinanceのウォレットを持っていれば、送金は無料で即座に行われたでしょう。

しかし、1年後、計算が違ってきました。The Mergeによる副次的効果として、トランザクションはより迅速に取り込まれ、チェーンはより安定し、少ない確認回数でトランザクションを受け入れることがより安全になったのです。optimisticやZKロールアップのようなスケーリングテクノロジーは迅速に進行しています。ソーシャルリカバリーやマルチシグウォレットは、アカウントの抽象化により実用化されつつあります。これらのトレンドは、技術の発展とともに数年かかると思われますが、すでに進展しています。同時に、オンチェーン取引への関心を高める重要な「押し上げ要因」があります。FTXの破綻は、最も信頼できるように見える中央集権型のサービスでさえ、結局は信頼できないかもしれないということを、ラテンアメリカ人を含むすべての人に思い知らせました。

裕福な国々における暗号通貨

裕福な国では、高いインフレを生き抜くことや、基本的な金融活動を全く行わないといった、より極端なユースケースは通常適用されません。しかし、暗号通貨は依然として大きな価値を持っています。(多くの国のごく普通の団体に)寄付をするのに使ったことがある者として、個人的には、従来の銀行よりもはるかに便利であることを認識しています。また、ペイメントプロセッサーによってデプラットフォームされる危険性のある産業や活動にも価値があります。このカテゴリーには、ほとんどの国の法律で完全に合法である多くの産業が含まれています。

キャッシュレス社会への移行は、多くの政府によって、100年前には想像もできなかったようなレベルの金融監視を導入する機会として利用されているのです。暗号通貨は、デジタル化のメリットと現金のような個人のプライバシー尊重を現実的に両立できる、現在開発されている唯一のものです

しかし、いずれにせよ、暗号通貨は完璧とは言い難いです。技術的な問題、ユーザーエクスペリエンス、アカウントの安全性などの問題が解決されたとしても、暗号通貨が不安定であることは事実であり、その不安定さが貯蓄やビジネスへの利用を困難にしていることも事実です。そのため、私たちにはステーブルコインがあります。

ステーブルコイン

ステーブルコインの価値は、長い間イーサリアムコミュニティで理解されてきました。2014年のブログ記事を引用します。

過去11ヶ月間、ビットコインの保有者はその財産の約67%を失い、1週間で価格が25%も上下することがよくあります。このような懸念を見て、次のような素朴な疑問への関心が高まっています。暗号化された決済ネットワークが提供する完全な非中央集権性を持ちながら、同時に、このような極端な上下動がなく、より高いレベルの価格安定性を得ることはできないか?

そして実際、ステーブルコインは、まさに今日、暗号通貨を実用的に活用しているユーザーの間で非常に人気があります。とはいえ、今日のサイファパンクの価値観にはそぐわない現実があります。今日、最も成功しているステーブルコインは、USDC、USDT、BUSDを中心とする中央集権型のコインです。

図解2
暗号通貨の時価総額トップ、CoinGeckoのデータ、2022-11-30。上位6つのうち3つは中央集権型ステーブルコイン。

オンチェーンで発行されるステーブルコインは、誰でも使える、最も大規模で不透明な検閲に強く(発行者はアドレスをブラックリスト化して凍結できるが、そうしたブラックリスト化は透明で、各アドレス凍結には文字通り取引手数料がかかる)、オンチェーンのインフラ(アカウント、DEXなど)とうまく連携できるなど、便利な特性がたくさんあるのです。しかし、この状態がいつまで続くかは分からないので、他の代替策に取り組み続ける必要があります。

私は、安定コインのデザイン空間は基本的に、中央集権型安定コイン、DAOが統治する実世界資産担保型安定コイン、統治を最小限に抑えた暗号担保型安定コインの3つに分かれると見ているのですが、いかがでしょうか。

Governance Advantages Disadvantages Examples
Centralized stablecoins Traditional legal entity • Maximum efficiency
• Easy to understand
Vulnerable to risks of a single issuer and a single jurisdiction USDC, USDT, BUSD
DAO-governed RWA-backed stablecoins DAO deciding on allowed collateral types and maximum per type • Adds resilience by diversifying issuers and jurisdictions
• Still somewhat capital efficient
Vulnerable to repeated issuer fraud or coordinated takedown DAI
Governance-minimized crypto-backed stablecoin Price oracle only • Maximum resilience
• No outside dependencies
• High collateral requirements
• Limited scale
• Sometimes needs negative interest rates
RAI,
LUSD

ユーザーの視点から見ると、3つのタイプは、効率と耐障害性のトレードオフ・スペクトラム上に配置されています。 USDCは今日も機能しているし、明日もほぼ間違いなく機能するでしょう。しかし、長期的には、米国のマクロ経済と政治的安定性、誰もがUSDCを利用できるようにすることを支える米国の規制環境の継続、発行機関の信頼性に依存することになります。

一方、RAIはこれらすべてのリスクに耐えられるが、金利がマイナスです:本稿執筆時点ではマイナス6.7%である。システムを安定させるため(つまりLUNAのように破綻しやすいものではない)、すべてのRAI保有者は、担保としてETHを入れるネガティブRAI保有者(別名、「借り手」または「CDP保有者」)とマッチングする必要があるのです。このレートは、負のRAIを保有し、正のUSDCまたは利子付き銀行口座預金でそれを相殺する裁定に従事する多くの人々によって改善することができますが、RAIの金利は常に機能する銀行システムよりも低く、負のレートの可能性と、それが意味するユーザー体験の頭痛は、常に存在することになるのです。

RAIモデルは、より悲観的なLunarpunkの世界にとって最終的に理想的です。非暗号化金融システムとの接続をすべて回避し、攻撃をはるかに困難にします。マイナス金利のため、ドルの便利な代理人となることはできませんが、適応するための一つの方法は、切断を受け入れることです。ガバナンスを最小化した安定コインは、世界平均CPI指数のような非通貨資産を追跡し、抽象的な「最善の努力による価格の安定」を表していると宣伝することができます。このような資産は「デジタル・ドル」(あるいはユーロ、あるいは...)を提供しようとはしないので、これはまた固有の規制リスクを低くします。

DAO が管理する RWA に裏付けられた安定コインは、もしうまく機能させることができれば、幸せな媒介となるかもしれません。そのような安定コインは、現実世界の多くの暗号ユーザーのニーズを満たすのに十分な堅牢性、検閲への耐性、規模、経済的実用性を兼ね備えている可能性があります。しかし、これを実現するには、堅牢な発行体を開発するための現実的な法的作業と、レジリエンス指向のDAOガバナンス工学の健全な量の両方が必要です。

いずれにせよ、安定したコインがうまく機能すれば、現在何百万人もの人々にとってすでに具体的に役立っている多くの種類の通貨や貯蓄のアプリケーションに恩恵を与えることになるでしょう。

2. Defi:シンプルであること

分散型金融は、私の見解では、名誉ではあるが限定的に始まったカテゴリーであり、持続不可能な形態のファーミングに依存した、やや過剰資本のモンスターになり、現在は安定した媒体に落ち着き、セキュリティを改善し、特に価値のあるいくつかのアプリケーションに再び焦点を当てる初期段階にあります。分散型安定コインは、おそらく永遠に最も重要なdefi製品ですが、他にも重要なニッチを持っているものがいくつかあります。

  • 予測市場:2015年にAugurが登場して以来、ニッチながら分散型金融の安定した柱となっています。それ以来、静かに普及が進んでいます。予測市場は2020年の米国選挙でその価値と限界を示し、今年2022年にはPolymarketのような暗号予測市場もMetaculusのようなプレイマネー市場もますます広く使われるようになってきています。予測市場は認識論的なツールとして価値があり、これらの市場をより信頼性の高いものにし、よりグローバルにアクセスできるようにする上で、暗号通貨を使うことによる真の利点があります。予測市場は、極端な数十億ドルの大金持ちになることはなく、着実に成長し続け、時間とともに有用性が増すと私は期待しています。

  • その他の合成資産: ステーブルコインを支える方式は、原理的には他の現実世界の資産に再現することが可能です。その候補として、主要な株価指数や不動産が挙げられます。後者は、その空間固有の異質性と複雑性から、うまくいくのに時間がかかるだろうが、まさに同じ理由で価値があるものになる可能性があります。主な問題は、ユーザーがこれらの資産に妥当な収益率でアクセスできるように、誰かが分散化と効率性の適切なバランスを作り出すことができるかどうかです。

  • 他のアセット間で効率的に取引するためのグルーレイヤー:ETH、中央集権型または分散型のステーブルコイン、より高度な合成アセットなど、人々が使いたいアセットがチェーン上にある場合、ユーザーがそれらの間で簡単に取引できるレイヤーに価値があります。あるユーザーはUSDCを保有し、USDCで取引手数料を払いたいと思うかもしれません。また、ある資産を保有していても、他の資産で支払いたい人に即座に変換して支払えるようにしたい人もいるでしょう。また、ある資産を担保にして別の資産の融資を受けることも可能です。ただし、このようなプロジェクトは、レバレッジを非常に制限した状態(例えば2倍以下)にすれば、成功する可能性が高く、涙を呑むような事態を避けることができるでしょう。

3. IDエコシステム。ENS、SIWE、PoH、POAPs、SBTs

"アイデンティティ "は複雑な概念であり、多くのことを意味します。いくつかの例を挙げます。

  • 基本認証:行動 A(例:トランザクションの送信やウェブサイトへのログイン)が、ETH アドレスや公開鍵などの識別子を持つエージェントによって承認されたことを証明するだけで、そのエージェントが誰で何であるかについて言及する必要はないです。
  • 証明:他のエージェントによってなされたエージェントに関する主張を証明すること(「ボブはアリスを知っていると証明する」、「カナダ政府はチャーリーが市民であると証明する」)。
  • 名前: 人間が読める特定の名前が、特定のエージェントを参照するために使用できるというコンセンサスを確立します。
  • 人称の証明:エージェントが人間であることを証明し、各人が人称の証明システムを通じて1つのIDしか取得できないことを保証する(これはしばしば証明で行われるので、完全に別のカテゴリというわけではないが、非常に重要な特殊ケースである)。

長い間、私はブロックチェーン・アイデンティティには強気ですが、ブロックチェーン・アイデンティティ・プラットフォームには弱気です。上記のユースケースは、多くのブロックチェーンのユースケースにとって本当に重要であり、ブロックチェーンはその機関に依存しない性質と相互運用性の利点から、IDアプリケーションにとって価値があるのです。しかし、うまくいかないのは、これらのタスクをすべて達成するための集中型プラットフォームをゼロから作ろうとすることです。多くのプロジェクトが、個々に価値のある特定のタスクに取り組み、時間をかけて相互運用性を高めていくという有機的なアプローチが効果的でしょう。

そして、これはまさにその後起こったことなのです。Sign In With Ethereum(SIWE)標準は、GoogleやFacebookのアカウントを使ってWebサイトにログインするのと同じように、ユーザーが(従来の)Webサイトにログインすることを可能にします。これは実際に便利です。GoogleやFacebookに個人情報へのアクセスや、アカウントを乗っ取ったりロックアウトしたりする機能を与えることなく、サイトとやり取りできるようになります。ソーシャルリカバリーのような技術は、ユーザーがパスワードを忘れたときに、今日の中央集権的な企業が提供するものよりはるかに優れたアカウント回復オプションを提供することができます。SIWEは、Blockscan chat、エンドツーエンドで暗号化された電子メールとメモのサービスSkiff、ブロックチェーンを使った様々な代替ソーシャルメディアプロジェクトなど、今日多くのアプリケーションでサポートされています。

ENSでは、ユーザーにユーザー名を持たせています。私はvitalik.ethを持っています。Proof of Humanityやその他のProof-of-personhoodシステムでは、ユーザーは自分がユニークな人間であることを証明でき、これはエアドロップやガバナンスなど多くのアプリケーションで有用である。POAP (the "proof of attendance protocol"は、"pope" とも "poe-app"発音されます) は、証明書を表すトークンを発行するための汎用プロトコルです。あなたは教育コースを修了しましたか?イベントに参加しましたか? 特定の人物に会いましたか?POAPは、proof-of-personhoodプロトコルの材料としても、誰かが特定のコミュニティのメンバーであるかどうかを判断する方法(ガバナンスやエアドロップに有用)としても使用することが可能です。

図解3
私のENS名を含むNFCカードで、私に会ったことを証明するPOAPを受け取ることができます。私は、人々が私のPOAPを得るために本当に一生懸命に私を盗聴するために、さらなるインセンティブを作りたいかどうかわからないが、これは他の人々のために楽しくて便利だと思います。

これらのアプリケーションは、それぞれ単独でも便利です。しかし、それらを真に強力なものにしているのは、互いにいかにうまく構成しているかということです。Blockscanチャットにログオンするとき、私はイーサリアムでサインインしています。つまり、チャットをする相手からは、すぐにvitalik.eth(私のENS名)として見えるのです。将来的には、スパムと戦うために、Blockscanチャットはオンチェーン活動またはPOAPを見ることによってアカウントを「検証」することができます。最低レベルでは、そのアカウントが少なくとも1回のオンチェーン取引で送信したか、受信者であったかを確認するだけです(そのためには手数料を支払う必要があるため)。より高いレベルの検証では、特定のトークンの残高、特定のPOAPの所有権、人物証明プロファイル、またはGitcoin Passportのようなメタアグリゲータをチェックすることができます。

これらの異なるサービスのネットワーク効果が組み合わさり、ユーザーやアプリケーションに非常に強力なオプションを提供するエコシステムが生まれます。イーサリアムベースのTwitter代替サービス(例:Farcaster)は、POAPsや他のオンチェーン活動の証明を使用して、従来のKYCを必要としない「検証」機能を作成し、アノンが参加できるようにすることができます。このようなプラットフォームでは、特定のコミュニティのメンバーのみが参加できるルームを作成したり、コミュニティのメンバーのみが発言でき、誰でも聞くことができるハイブリッドなアプローチをとることができます。Twitterの投票と同じように、特定のコミュニティに限定することも可能です。

同様に重要なこととして、単に人々の生活を助けることに関連する、より一般的なアプリケーションがあります。証明書による検証は、家賃や雇用、融資を受けるために、人々が信頼できることを簡単に証明することができます。

このエコシステムの今後の大きな課題は、プライバシーです。現状では、大量の情報をオンチェーンに置くことになりますが、これは「そうでなくなるまで大丈夫」なことであり、最終的には、より多くの人々にとって、完全にリスクとまではいかないまでも、味気ないものになってしまうでしょう。オンチェーンとオフチェーンの情報を組み合わせたり、ZK-SNARKを多用することでこの問題を解決する方法もありますが、これは実際に取り組む必要があるもので、SismoHeyAnonなどのプロジェクトはその初期段階と言えるでしょう。スケーリングも課題ですが、スケーリングはロールアップとおそらくバリディウムで汎用的に解決できます。プライバシーは、アプリケーションごとに意図的に取り組まなければなりません。

4. DAOs

「DAO」は、より民主的で弾力性のある効率的なガバナンスを構築するために、人々が暗号空間に込めた希望や夢の多くをとらえた強力な用語です。また、非常に幅広い用語であり、その意味は長年にわたって大きく発展してきました。最も一般的には、DAOはスマートコントラクトであり、ある資産やプロセスに対する所有権や支配権の構造を表すことを意図しています。しかし、この構造は、低俗なマルチシグから、Optimism Collectiveのために提案されたような高度に洗練されたマルチチャンバーガバナンス機構まで、何でもあり得ます。こうした構造の多くは機能するが、他の多くは機能しないか、少なくとも達成しようとしている目標に対して非常にミスマッチです。

答えるべき質問は2つあります。

  • どのようなガバナンス構造が、どのようなユースケースで意味を持つのか。
  • DAOとして、あるいは通常の法人設立や法的契約を通じて、それらの構造を実装することは意味があるのでしょうか。

特に微妙なのは、「分散型」という言葉が両方を指して使われることがあることです。ガバナンス構造は、その決定が多くの参加者のグループに依存する場合、分散型であり、ガバナンス構造の実装は、それがブロックチェーンのような分散型構造上に構築され、単一の国民国家の法制度に依存しない場合、分散型であると言えます。

ロバスト性のための非中央集権

この違いを考える一つの方法として、分散型ガバナンス構造は内側の攻撃者から守り、分散型実装は外側の強力な攻撃者から守る(「検閲耐性」)、というものがあります。

まず、いくつかの例を挙げます。

Higher need for protection from inside Lower need for protection from inside
Higher need for protection from outside Stablecoins The Pirate Bay, Sci-Hub
Lower need for protection from outside Regulated financial institutions Regular businesses

Pirate BaySci-Hubは、検閲に強いものの、分散化を必要としないものの重要なケーススタディです。Sci-Hubは大部分が一人の人間によって運営されており、もしSci-Hubのインフラの一部が取り払われたとしても、彼女はそれをどこか別の場所に移すだけでいいのです。Sci-HubのURLは何年も前から何度も変更されています。Pirate Bayはハイブリッドです。分散型であるBitTorrentに依存していますが、Pirate Bay自体はその上に中央集権的な利便性レイヤーを載せています。

この2つの例とブロックチェーン・プロジェクトの違いは、プラットフォーム自体からユーザーを守ろうとしないことです。もしSci-HubやThe Pirate Bayがユーザーに危害を加えようとしたら、最悪の場合、悪い結果を出すか、閉鎖するか、そのどちらかが、ユーザーが必然的に出現する他の代替物に乗り換えるまで、小さな不便をもたらすだけでしょう。ユーザーのIPアドレスを公開することもできますが、たとえそうしたとしても、ユーザーへの被害総額は、たとえばユーザーの資金をすべて盗むよりもずっと低くなるでしょう。

ステーブルコインはこうではありません。ステーブルコインは、安定した信頼できる中立的なグローバル商業インフラを作ろうとしており、そのためには、外側の単一の中央集権的なアクターに依存しないことと、内側からの攻撃者に対する防御の両方が必要なのです。安定コインのガバナンスの設計が不十分な場合、ガバナンスへの攻撃によってユーザーから数十億円が盗まれる可能性があります。

この記事を書いている時点で、MakerDAOには78億ドルの担保があり、利益確定トークンであるMKRの時価総額の17倍以上である。したがって、もしガバナンスが安全装置のないMKRホルダー次第であれば、誰かがMKRの半分を買い占め、それを使って価格オラクルを操作し、担保の大部分を自分たちのために盗むことができるだろう。実際、これはより小さな安定コインで実際に起こったことです。MKRにはまだ起こっていませんが、これはMKRの保有がまだかなり集中しており、MKRの大部分を、プロジェクトを信頼しているために売却することを望まないかなり小さなグループが保有していることが主な理由です。これは安定コインを始めるには良いモデルですが、長期的に見ると良いモデルではありません。したがって、分散型安定コインを長期的に機能させるには、この種の欠陥を持たない分散型ガバナンスを革新する必要があります。

考えられる方向性は以下の2つです。

何らかの非金融化ガバナンス、あるいは、トークン保有者だけでなく、他のクラスのユーザー(例:Optimism Citizens' HouseLidoの二院制提案のようなstETH保有者)によっても決定を下す必要がある二院制のハイブリッドなど。
意図的な摩擦:ある種の決定は、ユーザーが何かが間違っていることに気づき、システムから逃れることができるほど十分に長い遅延の後にのみ有効になるようにすること。
堅牢性を効果的に最適化するガバナンスを作るには、多くの微妙な点があります。もしシステムの頑健性が、極端なエッジケースでのみ活性化される経路に依存しているならば、その経路が機能することを確認するために、20年に一度の伊勢神宮の再建のように、たまに意図的にテストすることさえ必要でしょう。このように、分散化によるロバスト性の確保については、今後もより慎重な検討と開発が必要でしょう。

効率化のための分散化

効率性のための分権とは、異なる学派の考え方です。分権された統治構造は、異なるスケールでより多様な声からの意見を取り入れることができるので価値があり、分権の実行は、従来の法制度に基づくアプローチよりも効率的で低コストである場合があるので価値があります

このことは、分権化のスタイルが異なることを意味しています。堅牢性を重視した分権型ガバナンスは、あらかじめ設定された目標との整合性を確保するために多くの意思決定者を置くことを重視し、意図的にピボッティングを難しくしています。効率性を追求した分権型ガバナンスは、必要に応じて迅速に行動し、ピボットする能力を維持しますが、組織が硬化した官僚主義にならないように、意思決定をトップから遠ざけようとします。

図解4
ウクライナDAOのポッドベースガバナンス。このガバナンススタイルは、自律性を最大化することで効率性を向上させる。

堅牢性を追求した分散型実装と、効率性を追求した分散型実装は、ある意味で似ています:どちらもスマートコントラクトに資産を入れるだけです。しかし、効率性を追求した分散型実装はよりシンプルになり、一般的には基本的なマルチシグで十分です。

「効率化のための分散化」は、同じ裕福な国での大規模なプロジェクトでは弱い議論であることは言うまでもありません。しかし、非常に小規模なプロジェクト、国際化の進んだプロジェクト、非効率的な制度や弱い法治国家にあるプロジェクトでは、より強い主張となります。「効率化のための分散化」は、安定した大国が運営する中央銀行のチェーンでも可能な場合が多いでしょう。分散型と中央集権型、どちらも十分に可能で、どちらが先に成立するかという経路依存の問題が、どちらのアプローチが優位に立つかを決めるのではないでしょうか。

相互運用性のための分散化

これは分散化する理由の中でもかなり退屈な部類に入りますが、それでも重要です。オンチェーンのものが他のオンチェーンのものと相互作用するのは、必然的に(攻撃可能な)ブリッジ層を必要とするオフチェーンシステムよりも簡単で安全だからです。

直接民主主義で動いている大きな組織が1万ETHを蓄財しているとしたら、それは分散型ガバナンスの決定でしょうが、分散型実装とは言えないでしょう:実際には、その国は数人が鍵を管理していて、その蓄財システムが攻撃される可能性があるのですから。

システムの依存関係が壊れ、そのシステムの硬直性が壊れに適応できない「硬直性ミスマッチ」を避けるために、システムが急激な変化ができない他のDAOにサービスを提供する場合、そのシステム自身が急激な変化ができない方が良いというガバナンスの側面もあります。

この3つの「分権論」を図にすると、次のようになります。

Why decentralize governance structure Why decentralize implementation
Decentralization for robustness Defense against inside threats (eg. SBF) Defense against outside threats, and censorship resistance
Decentralization for efficiency Greater efficiency from accepting input from more voices and giving room for autonomy Smart contracts often more convenient than legal systems
Decentralization for interoperability To be rigid enough to be safe to use by other rigid systems To more easily interact with other decentralized things

地方分権と新しいガバナンスの仕組み

この数十年の間に、私たちは数多くの新しいガバナンス機構を開発してきた。

これらのアイデアは、DAOのストーリーの重要な部分であり、堅牢性と効率性の両方において価値があるものです。二次投票のケースは、強い選好が弱いがより人気のある選好に勝てるスペースを与えることと、強い選好(あるいは裕福な行為者)に過度の重みを与えないことの間で正確に正しいトレードオフを行うという数学的議論に依存しています。しかし、この方法を使った人たちは、この方法によって頑健性も向上させることができることを発見しています。ペアワイズ・マッチングのような新しいアイデアでは、数学的に証明可能な最適性を意図的に犠牲にし、数学モデルの仮定が崩れるような状況での頑健性を高めています。

これらのアイデアは、多階層アーキテクチャや意図的な間接性や遅延に関するより「伝統的な」何世紀も前のアイデアに加えて、DAOをより効果的にするための重要な部分となるでしょうが、従来の組織の効率を改善することにも価値を見出すことができるでしょう。

ケーススタディ: Gitcoin Grants

興味深いエッジケースを通して、様々なスタイルの分散化を分析することができます。Gitcoin Grantsです。Gitcoin GrantsはオンチェーンDAOであるべきか、それとも単なる中央集権的な組織であるべきか?

Gitcoin GrantsがDAOであることの論拠として、以下のようなものが考えられます。

  • 暗号通貨を保有し、扱っており、そのユーザーと資金提供者のほとんどがイーサリアムユーザーであるため。
  • 安全な二次資金調達はオンチェーンで行うのがベストなので(ブロックチェーン投票については次のセクション、オンチェーンQFの実装はこちら)、投票結果がシステムに直接フィードされればセキュリティリスクを減らせる。
  • 世界中のコミュニティを相手にしているので、一国を中心としたものではなく、信頼できる中立的な存在であることがメリットとなる。
  • 5年後も存続しているという確信をユーザーに与えることができるため、公共財の資金提供者が今プロジェクトを始め、後で報われることを期待できるという利点がある。

これらの議論は、堅牢性のための分散化と上部構造の相互運用性のための分散化に傾いているが、個々の二次的資金調達ラウンドは「効率のための分散化」派である(Gitcoin Grantsの理論は、二次的資金は公共財に資金を提供するより効率的であるというものである)。

もし堅牢性と相互運用性の議論が適用されないのであれば、おそらくGitcoin Grantsを通常の会社として運営した方が良かったでしょう。しかし、それらは適用されるので、Gitcoin GrantsがDAOであることは理にかなっているのです。

この種の議論が適用される例は、人々が日常生活でますます依存しているDAOや、他のDAOにサービスを提供する「メタDAO」の両方について、他にもたくさんあります。

  • 人間性の証明
  • クレロス
  • チェーンリンク
  • ステーブルコイン
  • ブロックチェーンレイヤー2プロトコルガバナンス
    私はこれらのシステムすべてについて、私の基準を満たすのに十分なほど分散-堅牢性のための最適化がなされていると証言できるほどには知らないのですが、願わくば、もう明らかにそうであるべきでしょう。

うまくいかないのは、堅牢性と相反するピボット能力を必要とするDAOで、「効率のための分散化」のための十分なケースを持っていないものが主です。主に米国ユーザーとのインターフェイスを持つ大規模企業などはその一例でしょう。DAOを作る場合、まずDAOとしてプロジェクトを構成することに価値があるかどうか、次に堅牢性を狙うのか効率性を狙うのか、前者であればガバナンス設計にも深い考察が必要ですし、後者であれば2次ファンディングなどの仕組みでガバナンスを革新するか、マルチシグでいいのではないでしょうか。

5. ハイブリッド・アプリケーション

完全なオンチェーンではなく、ブロックチェーンと他のシステムの両方を活用して信頼モデルを向上させるアプリケーションは数多く存在します。

投票がその好例です。検閲耐性、監査可能性、プライバシーなどの高い保証が求められますが、MACIのようなシステムは、ブロックチェーン、ZK-SNARK、拡張性と強要耐性のための限定集中型(またはM-of-N)層を効果的に組み合わせて、これらの保証をすべて実現します。投票はブロックチェーンに公開されるため、ユーザーは投票システムとは独立した方法で、自分の投票が含まれることを確認することができます。しかし、投票は暗号化され、プライバシーが保たれます。また、最終結果が投票の正しい計算であることを保証するために、ZK-SNARKベースのソリューションが使用されます。

図解5
検閲に強いブロックチェーン、プライバシーを守る暗号化、そして他の目標に妥協することなく結果を正しく伝えるZK-SNARKを組み合わせたMACIの仕組みの図です。

既存の国政選挙における投票は、すでに高保証のプロセスであり、ブロックチェーンやその他の電子的な投票方法のセキュリティ保証に国や市民が安心できるようになるまでには、長い時間がかかるでしょう。しかし、このようなテクノロジーは、他の2つの場所ですぐに価値を発揮することができます。

  1. 現在すでに電子的に行われている投票プロセスの安全性を高める(例:ソーシャルメディア投票、世論調査、請願書)。
  2. 市民や団体のメンバーが迅速にフィードバックできるような新しい投票形式を作り、最初から高い保証をその中に組み込むこと。

投票にとどまらず、ハイブリッドなオフチェーンバリディウムアーキテクチャが有効な「監査可能な集中型サービス」の可能性がある分野全体が存在します。最も簡単な例は、取引所の支払能力の証明ですが、他にもたくさんの例があります。

  • 政府登録機関
  • 企業会計
  • ゲーム(例としてDark Forestを参照)
  • サプライチェーンアプリケーション
  • アクセス権限の追跡
    ...
    リストの下に行くほど、価値の低いユースケースが出てきますが、これらのユースケースもかなり低コストであることを覚えておくことが重要です。Validiumは、チェーン上ですべてを公開する必要はありません。むしろ、データベースのMerkleルート(または他のコミットメント)を維持し、時々ルートが正しく更新されたことを証明するSNARKとともにチェーン上で公開する、既存のソフトウェアの簡単なラッパーにすることができます。これは、機関横断的な証明と公開監査への道を開くため、既存のシステムに対する厳密な改善となります。

では、どうすればいいのでしょうか?

これらのアプリケーションの多くは現在構築されていますが、現在の技術の限界のため、限定的な使用しか見られていません。ブロックチェーンはスケーラブルではなく、最近まで取引はチェーン上に確実に含まれるまでにかなり時間がかかり、現在のウォレットはユーザーに低い利便性と低いセキュリティの間の不快な選択肢を与えています。また、長期的には、これらのアプリケーションの多くは、プライバシーの問題を克服する必要があります。

これらはすべて解決可能な問題であり、解決しようとする強い意志があります。FTXの崩壊は、資金を保持するための真に分散化されたソリューションの重要性を多くの人に示しました。ERC-4337とアカウント抽象化ウォレットの台頭は、そうした代替手段を生み出す機会を私たちに与えてくれています。ロールアップ技術はスケーラビリティを解決するために急速に進歩しており、トランザクションはすでに3年前よりもずっと早くオンチェーンに含まれるようになっています。

しかし、同時に重要なのは、アプリケーションのエコシステムそのものに意図的に取り組むことです。より安定的で退屈なアプリケーションの多くは、その周辺で得られる興奮や短期的な利益が少ないため、構築されません。LUNAの時価総額は300億ドル以上になりましたが、堅牢性とシンプルさを追求した安定コインは、何年もほとんど無視されることが多いのです。非金融系のアプリケーションは、トークンを全く持っていないため、300億ドルを稼ぐ望みはないことが多いです。しかし、長期的にエコシステムにとって最も価値があり、ユーザーとそれを構築しサポートする人々の両方に最も永続的な価値をもたらすのは、これらのアプリケーションなのです。

引用元

What in the Ethereum application ecosystem excites me

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます